なぜ独身が増えた?結婚無理ゲー?生涯未婚率増加理由とは、結婚に興味がない男性女性もいる?


昨今、結婚はしない人も増えています。

芸能人でもイケメン、美人で
いつでもできそうなのに、いまだ独身のまま・・という人も多いことが事実。

結婚しないまま好きな人と暮らす、
パートナーはいる、という自由な生き方をしている人も多い。

日本の独身率は、1960年の33.6%から2022年には71.0%にまで上昇しました。
この急激な独身率の上昇には、以下の3つの要因が大きく影響していると考えられています。

女性の社会進出

第二次世界大戦後の高度経済成長期以降、女性の社会進出が進みました。女性は、結婚や出産を理由に仕事を辞めるのではなく、社会で活躍し続けるようになりました。経済的自立が進んだ女性は、結婚や出産に高い価値観を持たなくなり、結婚をしない選択をする人も増えました。

婚姻価値観の変化

結婚に対する価値観も変化してきました。かつては、結婚は人生のゴールとして考えられていましたが、現在では、結婚はあくまでも選択肢の一つと捉えられるようになっています。昔は、職場の人が紹介してくれるというようなこともありましたが、今は、自由恋愛結婚となり、自分で相手を見つけなければならない。
また、結婚相手に求める条件も高くなり、なかなか理想の相手が見つからず、結婚をしない人も増えています。

婚姻機会の減少

婚姻機会の減少も、独身率の上昇に影響していると考えられています。

近年、結婚適齢期の人口が減少していることに加え、非正規雇用者の増加や、都市部への人口集中などにより、出会いの機会が減少しています。子供を育てるにもそれなりの資金がいる。恋愛や結婚はお金がかかるので無理ゲーと感じる人もいる。
結婚はお金がいるもので、誰もができるというものでもなくなった。

日本における独身率の急激な上昇につながったと考えられます。








Translate »
テキストのコピーはできません。