みかんの皮ごと食べられる?栄養、農薬は大丈夫?




みかんの皮ごと食べることができます。

ビタミンCや食物繊維などの栄養素をより多く摂取できる
苦味成分である「ネオヘスペリジン」には、血管の健康をサポートする効果が期待できる
ポリフェノールの一種である「フラボノイド」には、抗酸化作用や免疫力アップの効果が期待できる

みかんの皮は、果肉に比べてビタミンCや食物繊維の含有量が多いです。

また、苦味成分である「ネオヘスペリジン」には、血管の健康をサポートする効果が期待されています。

さらに、ポリフェノールの一種である「フラボノイド」には、
抗酸化作用や免疫力アップの効果が期待されています。

ただし、みかんの皮には苦味成分も含まれているため、
苦手な場合は皮をむいて食べるのもよいでしょう。

また、農薬が気になる場合は、皮をよく洗うか、無農薬や有機栽培のものを選ぶようにしましょう。

みかんの皮ごと食べるにはそのまま食べる以外にも方法がある

皮ごと食べやすいように、皮をむいて薄くスライスする
皮ごと煮込んで、マーマレードやジャムにする
皮ごと乾燥させて、お茶や香辛料にする

みかんの皮には、果肉に比べてビタミンCや食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

一方、みかんの皮には農薬が残留している可能性もあります。

農薬は、国の基準を満たした上で使用されているため、
すぐに健康に害を及ぼすことはありませんが、長期的に摂取することで健康への影響が懸念されています。

みかんの皮の農薬を減らすためにしたいこと

皮をよく洗う
無農薬や有機栽培のものを選ぶ
皮を加熱する

皮をよく洗う場合は、流水でよく洗い、ぬるま湯に浸しておくと、農薬が落ちやすくなります。無農薬や有機栽培のものを選ぶ場合は、農薬の使用量が少なく、安心して食べることができます。

皮を加熱する場合は、茹でる、熱湯をかける、オーブンで焼くなどの方法があります。

加熱することで、農薬の一部が分解されます。




Translate »
テキストのコピーはできません。