隣人、近所の嫌がらせを気にしない方法


隣人や近所のトラブルで悩む人も少なくはないですね。

騒音で苦情を言ったらいやがらせを受けるケースは、
決して珍しくありません。

騒音を起こしている側は、
自分が迷惑をかけていることを自覚していない場合や
自覚していても改善する気がない場合など、

さまざまな理由でいやがらせを行うことがあります。

なぜ騒音に関しては、被害に遭っている側が
文句を言われたり、神経質だと言われなければならないものか・・・・

裁判を起こすにしても、被害に遭っている側が出さなければならないのはおかしいです。

実際に聞いてもらわなければ、どんな音を出しているのかも
気づいていないというのが現実・・・

嫌なら引っ越してください、というのが今の法律ですね。

苦情を言ってきた人に対して、暴言や誹謗中傷を浴びせる

苦情を言ってきた人に対して、嫌がらせの手紙や電話をかけてくる

苦情を言ってきた人に対して、ゴミを投げ込むなどの迷惑行為を行う

いやがらせを受けている場合は、まずは冷静に対処することが大切です。

相手と直接話をしても解決しない場合は、警察や市区町村の相談窓口に相談しましょう。

また、被害を記録しておくことも重要です。

いやがらせを受けた日時や内容をメモしておき、証拠として保管しておきましょう。

まずは、相手と直接話をして、騒音を改善してもらうように交渉しましょう。
直接話すのが難しい場合は、手紙やメールで連絡するのも一つの方法です。

賃貸物件の場合は、管理会社や大家さんに相談しましょう。
管理会社や大家さんは、騒音トラブルの解決に協力する義務があります。

いやがらせが、暴言や誹謗中傷、迷惑行為などに該当する場合は、
警察に相談しましょう。警察は、嫌がらせ行為を犯罪として立件する可能性があります。

警察に相談しても解決しない場合は、市区町村の相談窓口に相談しましょう。
市区町村の相談窓口は、嫌がらせトラブルの解決を支援する専門家が常駐しています。

騒音でいやがらせを受けると、
精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。

一人で悩まずに、専門家に相談するようにしましょう。

近所の嫌がらせを気にしないためには

嫌がらせの目的を理解する

嫌がらせを受けると、誰でも怒りや不安、
恐怖などのネガティブな感情を抱くものです。

しかし、これらの感情に振り回されると、嫌がらせにつけ込まれてしまいます。

嫌がらせを受けているときは、まずは自分の気持ちを落ち着かせる必要があります。

深呼吸をしたり、好きな音楽を聴いたり、
リラックスできる方法を見つけて、自分の気持ちをコントロールしましょう。

嫌がらせを無視する

嫌がらせを無視することは、嫌がらせを解決する最も効果的な方法です。

嫌がらせをしても相手に反応しなければ、嫌がらせを続ける意味がなくなります。

嫌がらせを無視するのは、簡単なことではありません。
しかし、嫌がらせに反応しないことが、自分を守る最善の方法であることを忘れないようにしましょう。

嫌がらせの証拠を収集する

嫌がらせの証拠を収集しておくことで、
警察や市区町村の相談窓口に相談しやすくなります。

騒音なら、どのくらいの音を出しているのか
第三者にもわかるように説明しなければいけません。

動画や音声なども証拠として残す必要があります。
また、裁判になった場合にも、証拠が役立ちます。

警察や市区町村の相談窓口に相談する

嫌がらせが犯罪に該当する場合は、警察に相談しましょう。また、嫌がらせが犯罪に該当しない場合でも、市区町村の相談窓口に相談することで、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

引っ越しを検討する

嫌がらせが深刻な場合は、引っ越しを検討するのも一つの方法です。
引っ越しをすることで、嫌がらせから解放されることができます。

近所の嫌がらせは、心身に大きな負担を与えます。
嫌がらせを受けた場合は、一人で悩まずに、専門家に相談するようにしましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。