怒られてもケロッとしてる動じない人の特徴

怒られることに慣れている人は、怒られても動じません。

怒られても「またか」と、特に何も感じずに受け流します。

このような人は、幼い頃から怒られることが多かったり、

怒られることをあまり気にしない性格だったりすることが考えられます。

怒られることを気にしない人は、

怒られても自分の価値が下がったとは思いません。

怒られているのは、あくまでも行動や言動に対することであって、

自分自身に対することではないと考えています。

このような人は、自己肯定感が高かったり、自分の価値を他人の評価に左右されなかったりします。

怒られることを成長の機会と捉え、前向きに受け止めています。

怒られている理由を冷静に分析できる

自分の行動を改善するために具体的な行動を起こせる

怒られることをきっかけに成長できる

怒られてもケロッとしている人は、周囲から冷たい印象を与えてしまうこともあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。