新人だから仕事できなくても許されるのはいつまでなのか?

まだ入社してすぐは仕事ができないのは当たり前です。

わたし仕事ができないんだ・・・と落ち込む人は多いものですが、

入社してすぐにお仕事ができる人のほうがまれです。

1か月いても、まだまだ分からないことも多いです。

3か月から半年もいれば、だんだんとお仕事の内容も理解できるようにはなりますが、

1年いないと、完全に理解したとはまだ言えない状況です。

1年以内の人は、まだまだ新人さんです。

たまにはすごい覚えが早い優秀な人もいるかもしれませんが、

裏で努力しているのかもしれません。

もしかしたら、似たようなお仕事を前職やアルバイトでもしていて、
業界についてもわかっている。
仕事の覚え方が身についているのかもしれません。

新人は入社1年目は仕事ができないことを前提に、

周囲も理解し、サポートする姿勢が求められます。

そのため、新人だから仕事ができなくても、
ある程度は許されると考えられます。

しかし、仕事ができないことをずっと許されるわけではありません。

入社1年目が過ぎた頃には、仕事の基礎を身につけ、
ある程度の成果を出すことが求められます。

また、仕事ができないだけでなく、ミスが多い、
やる気がない、などといった場合は、周囲の理解も得られにくくなります。

新人は、入社1年目で仕事の基礎を身につけ、

その後も積極的に学び、成長していく姿勢が大切です。

仕事のやり方や手順を丁寧にメモする

わからないことや困ったことは、すぐに先輩や上司に相談する

仕事の成果を振り返り、改善点を常に考える

仕事のスキルアップのために、自己研鑽に励む

新人がこれらのことに取り組むことで、
仕事ができるようになるまでの期間を短縮し、周囲からの信頼も得られやすくなります。






Translate »
テキストのコピーはできません。