通勤1時間半以上かかるときつい?電車の通勤時間が長いとストレス?理想的な通勤時間メリットとデメリット


通勤に1時間半以上かかる人もいれば、

2時間、とかかる人もいます。

 

日本は世界的にみても通勤時間が長いです。

 

電車通勤も大変ですが、車通勤だと融通が効くため遠いところへ転勤になる会社も少なくないです。
通勤時間が30分以内なら短いと言えるでしょう。

 

会社が駅からすぐの場所ならまだいいのですが、
駅からまたさらに徒歩で歩く場所だと大変ですね。

私の知ってる人では片道1時間45分かかる人もいます。

 

往復で3時間ほど、会社への行き来に時間を使っていることになります。

それぞれメリット・デメリットはあると思います。

 

家から会社までの距離が近いと、

 

朝ご飯をゆっくり食べたりニュースを観てから家を出ることが可能だと思います。

ペットのお散歩や、子供を保育園などに送ってから通勤することもできますね。

 

自転車や徒歩で行ける範囲に会社があると、生活は楽になりますね。

 

デメリットとしては、遠くまで「お勤め感」が欲しい方には物足りないことでしょう。

 

電車の中で座って寝たい人にも十分な時間が取れず中途半端です。
とても疲れてクタクタの日も、電車でゆっくり座る時間がありません。

 

 

メリットは、電車の中でスマホやタブレットなどで仕事ができたり本を読むこともできます。
SNSを閲覧して自分の時間を充実させることができますね。

 

また、行きも帰りも椅子にゆっくり座れることが多いので電車通勤の場合はラッキーです。
車通勤の場合も、車の中で長時間一人の時間になるので好きな音楽をかけたりできます。

 

ドライブを楽しみたい人には、遠い場所に会社があるほうが向いているかもしれません。

家で朝ごはんを食べる時間がない時には、車の中でコンビニで購入したお弁当やパンを食べたりする

人もいますね。

 

 

デメリットは、通勤に沢山の時間を取られることです。
最初は会社に行く日も新鮮ですが、だんだんと通勤時間が長くて
ストレスになってきてしまう。
遠すぎて、近い職場に転職しようかなと考えてしまう。

 

会社の近くに引っ越したほうが楽なのではないかと思う。
社会に出ると、主に会社と家の往復が多い日々。

 

会社にすぐに行けるほうが楽です。

 

朝も通勤時間が短い人に比べて早く起きたり、朝ご飯を食べる時間がなかったりと、
朝の時間を通勤時間に奪われて充実させることが難しいです。

 

今流行りの「朝活」する時間がなかったり、ゆっくり朝ご飯を
食べたりペットのお散歩などをする時間も限られてしまいます。

それだけで心の余裕を保てています。








Translate »
テキストのコピーはできません。