職場で顔を見るのも嫌な人がいる?





顔を見るのも嫌な人、確かに辛いですよね。
職場や学校など、どうしても顔を合わせなければならない関係だと、
ストレスも溜まってしまいます。

明らかに嫌なことをされた、とか特別な事情でもないかぎり、
相手にいやな態度はとらないほうがいいです。

1. 距離を取る

物理的に距離を取ることができれば、
顔を合わせる機会を減らすことができます。

職場であれば、席を離れたり、別部署への異動を希望したりする。

学校であれば、できるだけ同じ授業を取らないようにする。

プライベートであれば、会う約束を断ったり、共通の友人との集まりを避けたりする。

2. 関わりを減らす

挨拶や会話など、必要最低限の関わりだけに留めることで、
ストレスを軽減することができます。

無視したり、露骨に嫌な態度を取るのは避けましょう。

挨拶をしない、無視をする、目を合わせない、特定の人にだけ嫌な態度を見せたり、
陰口を言いふらしたりする、といった態度は、かなり人間性に問題があると
思われます。

社会人でいい歳した大人なら、相手が嫌でも、そうした明らかに嫌な態度は見せません。

特に、人間性が良い人であれば、嫌な態度は見せないように心がけます。

露骨にあなたが嫌いですよ、というような態度を取る人は、
相手からも間違いなく嫌われます。

そうした態度を取る人は、幼稚な人と思われ、敵が増えます。
ベビー社員だなと思われます。

以前、とある女性が、あの人は生理的にいやと毛嫌いしていた人がいましたが、
案の定、相手からも悪く思われ、相手と仲良い人からも
やはり悪い評判がたったようで、
生理的に嫌いだと言っていた女性はどんどん孤立していきました。

なにかしたわけでもないのに、嫌いという態度や拒絶反応を示されると、
誰だっていい気持ちにはなりません。

そうした悪い態度を出していると、そのうち自分にも悪いことが返ってきてしまいます。

人は鏡とも言われますが、相手の態度がなんか感じ悪くていやだなと思う時、

自分も実はそうゆう態度を相手に見せているから、同じ反応、同じ感情が返ってきているだけなのです。

挨拶をしなければ、挨拶されなくなります。

大好きな人、愛している人には、自然と目が輝き、好き好き、という目線を送りますね。

ペットなどにも可愛い可愛い、とキラキラした目で見ていれば、
動物もこちらに対して優しい目線で見つめてきますね。

笑顔で近寄り、話しかけると思います。そうした態度を見て、大好きな人も同じように
優しい目線で見てくれますが、

自分があの人苦手だな、近寄りたくない、嫌だな、嫌いだ、とゆう目線で見ていたり
近寄らないようにしていると、相手もそうゆう態度を察して
あなたには近寄らないようにするのです。

あの人感じ悪いわと思う時、たいてい相手からも同じように思われています。

あの人の顔を見るのも嫌だなと思っていると、気づかないうちに
だんだんと相手のほうも、同じように
あなたの顔を見るの、嫌だな。。。憂鬱・・・と感じてしまいます。

3. 気持ちを切り替える

どうしても顔を合わせなければならない場合は、
その人と関わる時間をできるだけ短く感じるように工夫しましょう。

好きな音楽を聴いたり、楽しいことを考えたりして、気持ちを紛らわす。

他の人の良いところを探すなど、視点を変えてみる。




Translate »
テキストのコピーはできません。