看護師辞めて違う仕事をしたい40代は多い?





40代で看護師を辞めて違う仕事に就くことは可能です。

看護師の資格や経験を活かせる仕事もあれば、

全く違う分野にチャレンジするのも良いでしょう。

看護師の資格や経験を活かせる仕事

医療事務

医療事務は、医療機関で事務職として働く職種です。
カルテ作成やレセプト請求など、医療に関する知識や経験が必要となる業務を担当します。

介護職員

介護職員は、高齢者や障がい者の介護を行う仕事です。
看護師の資格を持っていると、介護職員の国家資格である「介護福祉士」の受験資格が免除されます。

訪問看護師

訪問看護師は、患者さんの自宅に訪問して、療養や介護のサポートを行う仕事です。看護師としての専門知識や経験を活かせるだけでなく、患者さんやご家族との密接なコミュニケーションが求められます。

保健師

保健師は、地域住民の健康を守るために活動する仕事です。
健康教育や予防接種、感染症対策など、幅広い業務を担当します。

助産師

助産師は、妊娠、出産、産後の女性と新生児の健康管理を行う仕事です。
看護師の資格に加えて、助産師の国家資格が必要です。

全く違う分野にチャレンジする

カウンセラー

カウンセラーは、人々の悩みや問題を聞いて、解決に向けてサポートを行う仕事です。看護師としての経験で培ったコミュニケーション能力や傾聴力は、カウンセラーの仕事にも活かせます。

教員

教員は、学校で子どもたちに勉強を教える仕事です。
看護師の経験を生かして、保健体育の教員になるのも良いでしょう。

起業

看護師の経験を生かして、自分で事業を立ち上げるのも良いでしょう。
訪問看護ステーションや介護施設などを運営するといった選択肢があります。

40代で看護師を辞めて違う仕事に就く際の注意点

転職活動は早めに始める
40代になると、転職活動に時間がかかる場合もあります。
早めに準備を始めて、自分に合った仕事を見つけましょう。

自分のスキルや経験を棚卸しする
看護師として培ってきたスキルや経験を整理しておきましょう。転職活動や面接で、自分の強みをアピールするために役立ちます。

新しいスキルを身につける
転職先の仕事で必要となるスキルを身につけておくと、
有利になります。例えば、医療事務の仕事に就きたい場合は、
医療事務の資格を取得しておくと良いでしょう。

お金の準備をする

転職活動中は収入が減ってしまう可能性があります。
生活費などを考慮して、お金の準備をしておきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。