仕事辞めたい時、退職理由しつこく聞かれる仕事辞めると困る・・嘘も方便、退職理由を同僚に聞かれたら・・・引き止められた時の断り方


仕事を辞めたくなること、
ありますよね。

転職理由の一位は、ほとんど人間関係が理由という人が多いです。

他にやりたいことがある。

今の仕事をどうしても続けたくない事情がある。

いろいろな理由はありますが、

仕事がしんどい、ということが多いですよね。

まじめな人ほど辞めたくなる時ってあるものです。

頑張りすぎて、精神的に疲れてしまったり、
きつく当たってくる上司がいる。
人手不足で、ほぼ忙しい時もワンオペ状態・・・
という会社も辛い。

そして、忙しすぎてミスをしたら、
責任が重い。

仕事を辞めたい時、

言い出しにくいけれど勇気を出して伝えた場合、

上司に引き止められた。

という経験ありますよね。

もう限界がきていて、辞めたいのに
引き止められてしまったら・・・

ありがたいけど、どうしても辞めたい。

引き止めてくれるのは嬉しいのです。

でも・・・

辞めたい。

そんな時は、引き止められない方法で
退職理由を伝えよう。

退職理由は、嘘も方便です。

一身上の都合、というように
言ってもいいし、

家庭の事情と言えば、たいてい察してもらえます。

家庭の事情といったところで、さらに踏み込んで聞いてくる人はほとんどいません。

まぁ、多分辞めたい口実だろうということは予想できます。

それでも聞いてくる同僚がいたら・・・

嫌ですよね。

あまり退職の理由をはっきりは言いたくはないんですよ。

そもそも、辞めることを前提に数か月働き続けるのは
気まずいし、居心地が悪いのです。

なので、あまり退職をすること自体
知られたくはないですよね。

でも、その理由なら仕方ないよね。

ということにしておきたいものです。

前向きな理由で
退職を伝えるなら、

他にやりたいお仕事が見つかった

自分のスキルを上げていきたいので転職したい

結婚して家庭に入りたい

子育てをしたい

同僚からも、応援してもらえるような理由で辞めたいものですね。








Translate »
テキストのコピーはできません。