相談もなく職場の部下が辞める時の上司の気持ちとは





人が会社を辞めていくのは突然のこともありますよね。

3年4年と長く働いていた人でも、

急に辞めていくことがあります。

寿退社など、事情がある時は仕方ないですが、
理由がよくわからない時や、上司の指導のせい、
上司がいやで辞める場合は、なんとなく悲しいですよね。

特に、直接教えていて、何度も顔を合わせている人の場合、
教えることにもそれなりの労力や思いが日々ありますから、
え?辞めるの?となってしまいますね。

部下が辞めると、上司はまずショックを受けます。自分が育ててきた部下がいなくなるのは、大きな喪失感を伴います。また、部下の退職によって、自分の仕事やチームにどのような影響があるのか、不安や焦りを感じることも少なくありません。

部下が辞める理由によっては、上司は怒りを感じることも少なくありません。例えば、給与や待遇の問題、上司や同僚との人間関係の問題など、上司の責任が問われるような理由で退職する場合は、怒りが込み上げるかもしれません。

部下が辞めると、上司は寂しさを感じることも少なくありません。部下と過ごした時間や、部下から学んだことなど、思い出が蘇り、懐かしさや切なさを感じるようになります。

部下が辞めると、上司はショックや怒り、寂しさなど、さまざまな感情を抱きます。

特に、部下から退職の相談を受けずに突然辞められると、上司はさらに戸惑いや不安を感じるかもしれません。

部下には、上司に相談できないような事情があるかもしれません。

例えば、家庭の事情や健康の理由など、個人的な事情で辞める場合や、上司や同僚との人間関係に悩んでいる場合などです。

上司の対応によって、部下が相談なしで辞めてしまうケースもあります。
自分ではそう思っていなかったけれど、モラハラ、きつい言い方で
あの人の下で働くのいやと思われていた可能性もあります。

このまま働き続けても、関係がよくなりそうもない。精神も体調にも悪影響を与えそうと
思われ退職を決めた場合です。

上司の指導や育成が不十分だった場合や、上司と部下の関係性が良好でなかった場合などです。

上司の対応が退職の原因となっている場合は、
新しい人が入社してもまた同じことの繰り返しになる可能性もあるので、
反省するところがあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。