「アットホームな会社です」は要注意?ブラック?





「アットホーム」という言葉は
一般的に「家庭的な雰囲気」「温かい雰囲気」という意味で使用されます。

しかし、人によって「アットホーム」の基準は異なります。

そのため、求人広告で「アットホームな会社です」と
書かれていても、実際に働いてみると、自分のイメージと異なる場合もあります。

上下関係が緩い
仕事とプライベートの境界が曖昧
仕事のノルマが曖昧

上下関係が緩いと、仕事の指示が曖昧になり、
仕事の効率が悪くなる可能性があります。

また、仕事とプライベートの境界が曖昧だと、
仕事に追われてプライベートの時間が取れなかったり、
仕事の話を持ち込まれたりして、ストレスを感じてしまう可能性があります。

さらに、仕事のノルマが曖昧だと、仕事の目標が定まらず、
モチベーションが下がってしまう可能性があります。

このように、アットホームな会社は、良い面だけでなく、
注意すべき面もあるということを理解しておくことが大切です。

https://furusato-toyoma.jp/archives/26763もし、アットホームな会社で働きたいのであれば、

求人広告に記載されている内容だけでなく、

面接や内定後の会社訪問などで、実際に働いている社員の様子や

会社の雰囲気をよく確認するようにしましょう。

また、自分の性格や価値観と合っているかどうかも考慮することが重要です。

上下関係を重視する人や、仕事とプライベートを分けたい人、
仕事にしっかりと取り組みたい人は、アットホームな会社は向いていないかもしれません。

ブラック企業は、従業員を辞めさせないようにするために、
アットホームな雰囲気を演出することがあります。

ブラック企業の特徴

長時間労働や残業が常態化している

給与や待遇が悪い

パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行している

社員の意見や要望が尊重されない

自分の性格や価値観と合っているかどうかも考慮することが重要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。