お店の店員にキレる人の心理、店員への態度=人間性?店員に対する態度が結婚後の態度になるかも?


怒りの感情をコントロールできない

怒りの感情は、誰にでも起こりうる自然な感情です。

もともと怒りっぽい性格である

ストレスや疲労などで、怒りの感情を抑える力が弱まっている

酒や薬の影響で、感情のコントロールが難しくなっている場合もある

店員さんがミスをしたり、動きが遅いと
「頭悪いね」と平気で顔を見て言ったりするのはわりと最低です。

自分を正当化したい

店員にキレる人の中には、自分の行動を正当化するために、
怒りを利用する人もいます。

例えば、商品が売り切れていたり、
サービスが気に入らなかったりした場合、
店員に怒鳴りつけて、自分の怒りを解消しようとするのです。

弱い者いじめで優越感を得たい

店員は、自分より立場が弱い存在だと感じている人もいます。
そのような人は、店員にキレることで、自分の優越感を満たそうとしているのです。

店員にいやな態度、横柄な態度を取り、
お店の前で怒鳴った後は、会社の代表に連絡をして、
〇〇という店員は、愛想が悪すぎる、態度が悪い、など言いに行く人。

客の態度もとても悪いのに、それは棚に上げて、自分の悪さは認めない人。

商品が売り切れていたり、品切れになっていたりした場合
サービスが気に入らなかったり、対応に不満があったりした場合
自分が間違っていたとしても、店員を言い負かそうとした結果、怒り出す場合

店員にキレる人は、周囲の人にとって迷惑な存在です。

しかし、その人の心理を理解することで、対処しやすくなるかもしれません。

店員に対する態度は、その人の基本的なマナーや人格を反映していると考えられます。そのため、店員に対して常に丁寧で思いやりのある態度をとる人は、結婚後もパートナーに対して同様の態度をとる可能性が高いと言えます。

一方、店員に対して横柄で威圧的な態度をとる人は、結婚後もパートナーに対して同じように態度をとる可能性もあります。また、店員に対して態度がコロコロ変わる人は、結婚後もパートナーに対して態度が不安定になる可能性があります。

例えば、店員に対して横柄で威圧的な態度をとる人は、
家庭内でも同じような態度をとっている可能性が高いと言えます。

これは、家庭内で親や兄弟から暴力や威圧的な態度を
経験してきたことが原因である可能性があります。

店員に対する態度は、その人の基本的な性格や価値観、
家庭環境や育ってきた環境など、さまざまなことを反映していると考えられます。

そのため、店員に対する態度を観察することは、
その人のことをよりよく知る上で重要なポイントと言えるでしょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。