まともな人が辞めていく会社の特徴





給与が低い、残業が多い、パワハラやセクハラなどの問題があるなど、
労働条件や職場環境に問題があると、まともな人は辞めていく傾向があります。

組織の体制が古い、上下関係が厳しい、
無能な上司がいるなど、組織が腐っていると、
まともな人は辞めていく傾向があります。

評価基準が明確でなかったり、成果が正当に評価されなかったりすると、
まともな人は辞めていく傾向があります。

会社が倒産の危機にあったり、
仕事内容に将来性がなかったりすると、まともな人は辞めていく傾向があります。

給与は、仕事に対する報酬であり、
モチベーションの維持に欠かせません。
給与が低い場合、社員は仕事にやりがいを見出せず、退職を検討するようになります。

残業が多いと、プライベートの時間が削られ、
仕事へのモチベーションが低下します。
また、残業代が支払われない場合、経済的な不安も大きくなります。

パワハラやセクハラなどの問題があると、
職場環境が悪化し、社員のモチベーションが低下します。
また、精神的なストレスが原因で、退職に至るケースもあります。

組織の体制が古い場合、新しい考えや技術を取り入れることが難しく、会社が衰退していく可能性があります。また、古い考え方に縛られて、社員のモチベーションが低下するケースもあります。

上下関係が厳しい場合、社員は自分の意見を言いづらく、自由な発想や行動が制限されます。また、ストレスが溜まりやすくなり、退職に至るケースもあります。

無能な上司がいる場合、仕事がうまく回らず、社員のモチベーションが低下します。また、上司の下で働くことに嫌気がさし、退職に至るケースもあります。

評価基準が明確でなかったり、成果が正当に評価されなかったりすると、社員は自分の努力が報われないと感じるようになります。また、モチベーションが低下し、退職に至るケースもあります。

会社が倒産の危機にあったり、
仕事内容に将来性がなかったりする場合、社員は将来への不安を感じ、退職を検討するようになります。

まともな人が辞めていく会社は、いずれも問題を抱えていると言えます。
これらの問題を放置しておくと、会社の業績が悪化し、
さらに多くの人が辞めていく可能性があります。




Translate »
テキストのコピーはできません。