本ページにはプロポーションが含まれています

毎日の弁当作りが苦痛?

シェアする





毎日の弁当作りが苦痛であるということは、よくあることです。
家族が多い場合は、みんなの弁当を朝から作らなければならないので、
本当に大変です。

そして、料理中に失敗をしてしまったり、家族からこれはあんまりだった・・・なんて
言われた日には、モチベーションが下がります・・・

朝早く起きて献立を考え、食材を準備し、調理し、
弁当箱に詰めるという作業は、時間と労力を要します。

また、毎日同じことの繰り返しであるため、マンネリ化や飽きも感じやすいでしょう。

毎日献立を考えるのは大変です。そのため、曜日ごとに献立を固定してしまうのも
一つの方法です。そうすれば、献立を考える時間を短縮することができます。

休日に作り置きしておけば、平日はそれを活用して弁当を作ることができます。作り置きには、冷凍食品や常備菜も活用できます。

冷凍弁当を利用するのも一つの方法です。
冷凍弁当は、手軽に栄養バランスの良い弁当を用意することができます。

家族やパートナーに協力してもらうことも大切です。
家族やパートナーが弁当作りを手伝ってくれれば、自分の負担を減らすことができます。

例えば、献立を考えるのが苦手であれば、献立アプリやレシピサイトを活用するなどして、
献立を考える時間を短縮する工夫をすることができます。

調理が苦手であれば、簡単な料理や作り置きを活用するなどして、
調理の負担を減らす工夫をすることができます。

後片付けが面倒であれば、片付けやすい弁当箱や容器を使うなどして、
後片付けを簡単にする工夫をすることができます。

自分なりの工夫をして、毎日の弁当作りを少しでも楽に、そして楽しいものにしていきたいですね。




シェアする

Translate »