本ページにはプロポーションが含まれています

独身女性が住みやすいおすすめの県、ひとり暮らし住みやすい街はどこ?

シェアする





昨今、さまざまな事情で結婚しないまま独身という生き方を選ぶ人も多いです。

お金も時間も自由に自分のために使いたい。

自由な生き方を求めると、独身でいいかもなと考えたりしますね。

メリットが多いので、このまま独身でいいやと考える人も増えていますよね。




一人暮らし女性犯罪に狙われる?!

生き方は多様化しており、夫婦だけで暮らす人もいれば、結婚しないままパートナーと暮らす人もいますね。

独身女性が一人暮らしをする時は、防犯面や環境の良さ、交通の便の良さなどを重視する必要があります。

女性が一人で暮らしやすい都道府県を知っておくと良いでしょう。

パートやアルバイト、正社員などの求人数が多く、経済面で安心して暮らしたい場合は東京都がお勧めです。

東京都は人口が多いため、防犯面、セキュリティ―面で安心できる物件を選ぶ必要があります。

スーパーマーケットやコンビニが24時間営業だったり、交通の便が良いので通勤がしやすいです。

自然環境が豊かで騒音や悪臭などが少なく、環境面で暮らしやすい都道府県を知りたい人が多いのではないでしょうか。

環境面で暮らしやすい県には、鳥取県、富山県、高知県などがお勧めです。

鳥取県、富山県、高知県などは、大阪や東京に比べると犯罪数が少ないため、女性が安心して暮らせる環境が整っています。

女性のひとり暮らしは、犯罪に巻き込まれないかということも不安ですよね。

マンションの最上階などに住むのが一番良いですが、

世の中何が起きるかわかりません。

独身女性は空き巣やストーカーなどの被害に遭いやすいため、犯罪数の少ない都道府県を選ぶと良いです。

主要な駅やバスターミナル、スーパーマーケット、コンビニなどが近くにある物件がお勧めです。

2階建て以上の高さの部屋を選んでおくと、プライバシーを守れますし、不法侵入などの被害を防ぐことができます。

 老後どうする?持ち家がない人の老後、独身だと賃貸物件が借りにくい?賃貸高齢者借りられないのではないか不安

独身女性は、賃貸物件は借りにくいのか知っておきたい人が増えています。

既婚者でなくても安定して継続した収入があり、両親や兄弟姉妹などの連帯保証人がいる場合は、問題なく賃貸物件を契約することができます。

連帯保証人を付けることで、賃貸物件に入居しやすくなりますし、一定額の年収を超えている場合は審査に通りやすいです。

20代の若い女性は収入が少ないので、審査に通るか不安を感じている人が多いのではないでしょうか。

数多くの不動産業者が存在するため、ワンルームや1LDK、1Kなどの空室が多い物件を選んでおくと、審査に通りやすくなります。

敷金や礼金がゼロの物件もありますし、両親や兄弟姉妹などの身内がいなくても相談に乗ってくれます。
まずは電話やメールなどで問い合わせをすると良いでしょう。

パートやアルバイトなどの雇用形態の場合は、正社員よりも不利になりますが、勤続年数が長く、安定した収入があれば審査に通りやすくなります。

不動産会社の大家さんによっては、多少のリスクがあっても独身女性の入居をさせている所が多いです。
両親がいない場合は、叔父や叔母などの身内に保証人になってもらうことで審査に通りやすくなります。

独身女性は、いつまで賃貸物件に入居ができるのか、不安を感じている人が少なくありません。

現代は結婚をせずに生涯独身を通す人が増えているため、いつまで賃貸物件を借りることができるのか、知りたい人が増えています。

安定して継続した収入があり、家賃の未払いなどのトラブルがない場合は、入居ができることが多いです。

兄弟姉妹、身内がいる場合は、連帯保証人になってもらうことで審査に通りやすくなります。

安定した収入があり、身元を保証してくれる人がいると入居がしやすくなります。
高齢になると孤独死や病死などのリスクがあるため、入居を断られることもあります。




シェアする

Translate »