嫌なことが続く原因、ついていないことが続く、風水の観点




嫌なことが立て続けに起きる、

というのはとても嫌な気持ちになりますね。

人生には、良い時もあれば、悪い時も必ずあります。

運気が悪い時はどうしても悪いです。

気の流れが悪い
運気が低下している
邪気が溜まっている

気の流れが悪いと、良い運気が入ってこず、悪い運気が溜まってしまいます。運気が低下していると、良いことが起こりづらくなります。邪気が溜まっていると、悪いことが起こりやすくなります。

嫌なことが続く場合、まずは原因を探ることが大切です。気の流れを良くすることで、良い運気が入ってくるようになります。運気を上げることで、良いことが起こりやすくなります。邪気を払うことで、悪いことが起こりにくくなります。

掃除や整理整頓を徹底する
風水アイテムを配置する
お祓いを受ける

掃除や整理整頓を徹底することで、気の流れを良くすることができます。風水アイテムを配置することで、運気の上昇を図ることができます。お祓いを受けることで、邪気を払うことができます。

盛り塩
盛り塩は、悪い気を吸い込んで浄化する効果があるとされています。

玄関やリビングに盛り塩を置くと良いでしょう。

また、あまりに嫌なことが起きた時は、塩風呂に入ると良いと言われます。

水晶
水晶は、邪気を払う効果があるとされています。玄関やリビングに水晶を置くと良いでしょう。

風鈴
風鈴は、良い気を呼び込む効果があるとされています。玄関やリビングなどの

場所に風鈴を吊るすと良いでしょう。

観葉植物
観葉植物は、良い気を呼び込む効果があるとされています。玄関やリビングなどの重要な場所に

観葉植物を置くと良いでしょう。

嫌なことが続くときは、焦らずに、ゆっくりと対処していくことが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。