本ページにはプロポーションが含まれています

クリスマスにチキンを食べる理由,イブ当日にローストチキンをおいしく食べたい

シェアする





クリスマスにチキンを食べる
理由はなぜなのか?

アメリカでは、クリスマスに七面鳥を食べる習慣が一般的です。

1860年代のアメリカの開拓時代に、ヨーロッパからアメリカに移住した人々が、食糧難で冬を越せないと困っていたところ、先住民のインディアンが七面鳥をはじめたくさんの食材をプレゼントし、移民たちはそのおかげで、飢えをしのぐことができたという逸話から始まったと言われています。

その後、七面鳥は感謝祭やクリスマスなどの特別な日に食べるご馳走として定着しました。

日本でも、クリスマスにチキンを食べる習慣があります。
これは、1970年代にアメリカの文化が日本に流入したことで、
クリスマスの風習が定着したことがきっかけです。

当時、ケンタッキーフライドチキン(KFC)が、
「クリスマスにはケンタッキー」というコマーシャルを打ち出したことで、
クリスマスにチキンを食べる習慣が急速に広まりました。

また、日本では七面鳥の入手が難しく
手頃な価格で手に入るチキンの方が普及しやすかったという背景もあります。

このように、クリスマスにチキンを食べる理由は、宗教的な理由と文化的な理由の両方が挙げられます。

ローストチキンは、丸ごと1羽の鶏をオーブンで焼いた料理です。

皮はパリッと、中はジューシーに焼き上げるのがポイントです。

ローストチキンは、クリスマスの特別な日に、
家族や友人と囲んで食べる料理として、今では日本でも定着しています。

クリスマスローストチキンの作り方

塩・こしょうのみで味付けするシンプルな方法です。

この方法は、鶏本来の旨味を味わうことができます。

また、ハーブやスパイスで風味付けする方法です。

ローズマリーやタイムなどのハーブ、ローリエやナツメグなどの
スパイスを加えることで、風味豊かなローストチキンに仕上がります。

また、ローストチキンの付け合わせには、マッシュポテトやブロッコリー、ニンジンなどの野菜をよく合わせます。

クリスマスローストチキンを美味しく作るポイント

鶏は、冷蔵庫から出して常温に戻しておく。
冷えたままの鶏を焼くと、中まで火が通りにくくなります。

鶏の皮にフォークで数カ所穴をあける。
そうすることで、余分な脂や水分が抜けて、パリッと焼き上がります。

鶏をオーブンで焼く際、途中でアルミホイルを被せる。
そうすることで、焦げ付きを防ぐことができます。

クリスマスローストチキンは、特別な日にぴったりの豪華な料理です。
他にもローストビーフやピザ、サーモンのお寿司、シチューなどを食べる人もいますね。




シェアする

Translate »