直属の上司が原因で退職したいけど直属の上司には言いたくない・・・





昨今、高卒で入社した社員が3年以内に辞めていく、ということは多いです。

その理由は仕事の内容が合わない、給料が割に合っていない。
また、上司や同僚との関係が悪い、という理由があります。

直属の上司が原因で退職するのは、決して珍しいことではありません。

上司との関係がうまくいかないと、仕事に集中できなくなったり、
精神的に追い詰められたりすることもあるでしょう。

もしあなたが直属の上司が原因で退職を考えているなら、まずは自分の気持ちと向き合うことが大切です。なぜ上司との関係がうまくいかないのか、その原因を理解することが、今後の決断につながります。




上司との関係がうまくいかなくなる原因

単に馬が合わない
価値観や考え方の違い
コミュニケーションの不足
仕事のやり方やペースの違い
上司のパワハラやモラハラ
上司から嫌な態度をとられている 無視や陰口など

もし価値観や考え方の違いが原因なら、お互いの意見を尊重し、歩み寄る努力をしてみるのも一つの方法です。コミュニケーションの不足が原因なら、上司と積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

しかし、上司のパワハラやモラハラが原因なら、退職も一つの選択肢として検討すべきです。

パワハラやモラハラは、精神的な苦痛を与えるだけでなく、健康を害する可能性もあります。

パワハラが横行して当たり前の会社では、
我慢しすぎて、寝れずにこの世を去ろうとする社員もまれにいます。

もし退職を決断したなら、上司や会社に対してきちんと辞意を伝えましょう。
上司が原因で退職したい時には、直接上司には言いにくいものですよね。

別の上司、言いやすい上司にまずは相談してみましょう。
円満退職を望むなら上司のことが原因だとは言わないほうがいいです。

自分の気持ちと向き合い、慎重に決断することで、後悔のない選択ができます。




Translate »