人をいじめる人の心理、他人を傷つけても自分さえ良ければいい人の末路





いじめる人は、自分に自信がなく、劣等感を抱いていることが多いです。

そのため、自分より弱い者を見下すことによって、優越感を得ようとします。

自分の思い通りにならないことや、自分の意見に反対されることを嫌い、相手を傷つけることによって、自分の力を見せつけようとします。

いじめは、集団で行われることが少なくありません。

集団の雰囲気に流されやすく、周りの人に合わせるためにいじめに参加することもあります。

いじめる人は、いじめを正当化する考えを持っています。

いじめは、いじめられる側のせいだとしたり、いじめは必要なことだとしたり、自分は悪いことをしていないと考えています。

いじめをなくすためには、いじめの原因を根本から解決する必要があります。そのためには、いじめに関する教育を進め、社会全体でいじめをなくすための取り組みを進めていくことが必要です。

いじめを根本的に解決するためには、いじめる加害者側に社会的な制裁を与える、というのがなければ
なくならないのではないかと思います。
例えば小学校の子供がいじめている場合、先生からの注意だけで終わります。

本人に対しての心からの謝罪もないです。
これでは、なにも反省もしていないし、悪いと思ってないかもしれません。
いずれ、そうした生徒は、またどこかで同じように人を不幸にさせるようなことを
するはずです。

しかし、小学校でも中学校でも、いじめられる側のこどもは本当に苦しみ、
この世を自分で去っている子もいるのが現実です。

人をいじめる人、不幸にする人の末路、因果応報はある?

人を傷つける人は、他人を傷つけることで自分自身も傷つけているのです。

他人への罪悪感や後悔、不安などの感情に苦しみ、不幸な人生を送ることになります。

他人を幸せな気持ちにさせたり、笑顔になるような行動をしていれば、自分自身も本来気持ちがいいですよね。
人を幸せにしている、という気持ちは自分が生きている生きがいのようなものを感じて
満足した気分でいられます。

しかし、他人を傷つけている、嫌な気持ちにさせてこの世を去らねばならないほどの
苦しみや辛さを与えているのだとすれば、そのうち、いずれその負のエネルギーは自分にも返ってくるのではないかと大きな罪悪感を感じます。

他人にしたことは返る、というなら、他人をいじめる人は、その相手からも恨まれ、いずれは悪いことが
なにかの形で自分に返ります。忘れたころに・・・

因果応報という言葉があるように、良い行いには良い報い、悪い行いには悪い報いがあると考えられています。

人を傷つける人は、いずれその報いを受けることになります。

実際に、人を不幸にする人は、自らも不幸になるというケースは少なくありません。

例えば、パワハラやモラハラで相手を傷つけた人は、相手から恨まれたり、恐れられたりして、人間関係が悪化します。

不倫をした人は、配偶者に恨まれたり、社会的に批判されたりします。

もし、あなたが人を不幸にする行為をしてしまったとしたら、その行為を深く反省し、償うことが大切です。

他人を思いやる心を持ち、生きていくための道を選ぶことが、より幸せな人生を送るためには大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。