失礼なことを言う人の心理




失礼なことを言う人の心理

失礼なことを平気で本人の前で言う人っていたりしますよね。

こんなこと言ったら、嫌われるとか思わないのかなと不思議に思います。

失礼な態度を取る人や嫌な態度を取る人に対しては、
あまり良い印象はありませんよね。

失礼な人は、相手よりも自分が優位に立ちたいという気持ちが強い傾向があります。

そのため、相手を下げて自分を持ち上げるような言動をとるのです。

例えば、同僚のミスを指摘する際に、「お前は仕事ができないな」と直接言うのではなく、
「あんなミスをするなんて、社会人として恥ずかしい」と間接的に相手を攻撃するような言い方をします。

失礼な人は、人から嫌われてもいいという覚悟を持っている人もいます。

そのため、自分の言動が他人を傷つけることや、人間関係を悪化させることを気にしません。

例えば、自分の意見を否定された相手に対して、「お前なんて何もわかってない」と怒鳴るような言動をします。

失礼な言動をとっていることに気付いていない人もいます。
そのため、自分が言ったことややったことが相手を傷つけていることを理解せず、平然と失礼な言動を続けてしまいます。

例えば、相手の容姿や服装について、本人の前で悪口を言うような言動をします。

失礼な人は、自己中心的な性格で、相手の気持ちを察することが苦手な傾向があります。そのため、自分の言動が他人にどう影響するかを考えられず、失礼な言動をとってしまうのです。

失礼な言動をされたときは、相手に反論したり、感情的になったりして対処すると、余計に状況が悪化する可能性があります。

まずは、相手がなぜそのような言動をとったのかを理解するようにしましょう。
そして、相手を傷つけないように、冷静に、かつ毅然とした態度で対処することが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。