職場のおばさんとの会話が疲れる・・・

おばさんとの会話が疲れると感じる理由は人それぞれですが、
いくつか考えられる原因と対処法をご紹介します。

価値観の違い

年齢や経験の違いによって、価値観や考え方が大きく異なる場合があります。例えば、結婚や出産、仕事に対する考え方など、根本的な部分で意見が合わないと、会話が疲れると感じるかもしれません。

一方的な会話

一方的に自分の話ばかりするおばさんだと、聞いてる側は疲れてしまいます。特に、自慢話や愚痴ばかり聞かされると、ストレスを感じてしまうでしょう。

ネガティブな発言

常に愚痴や悪口を言うおばさんだと、周りの雰囲気も悪くなってしまいます。ネガティブな発言ばかり聞かされると、自分もネガティブな気持ちになってしまい、会話するのが億劫になることもあります。

聞き上手ではない

相手の話を聞かずに、自分の意見ばかり押し付けてくるおばさんだと、会話が成り立ちません。自分の話したいことばかり話して、相手の話に耳を傾けない人とは、会話が疲れると感じるでしょう。

対処法

可能な限り、会話する時間を減らす。
どうしても会話する必要がある場合は、最小限に留めるようにしましょう。

相手の話を否定せず、最後まで聞いてあげる。
共感の言葉を添えると、相手も話しやすくなるでしょう。

すべてのおばさんが同じではない

世の中には色々なタイプのおばさんがいます。
疲れるおばさんばかりではなく、楽しい会話ができるおばさんもたくさんいます。

コミュニケーションは双方向: 会話が疲れると感じるのは、
相手だけでなく、自分にも原因があるかもしれません。

自分のコミュニケーションスキルを見直してみるのも良いでしょう。

おばさんとの会話が疲れると感じるのは、決してあなただけではありません。

おばさんとの会話が疲れると感じたら、
無理に付き合う必要はありません。

距離を取ったり、話題を変えたり、聞き役に徹したり
自分に合った方法で対処しましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。