仲良くなると雑になる心理、大事な人ほど雑に扱う人がいる?

仲良くなると雑になる人がたまにいます。

大事な人ほど大切にしなければいけないものなのに、

雑に扱うなんて、ろくでもないですよね。

そんな大切な人がもし離れていってしまったらどう思うのでしょうか?

本当に大切なもの、人は失った時にはじめてわかるありがたみ、ともよく

名言として言われますが、まさにそう。

失いたくない人ほど、日頃から大切にしたいですね。

どうして雑に接してしまうのか?

本人が未熟だからというのが一番の理由です。

相手に対しての甘え

甘えです。大事な人に対しては、自分をさらけ出したり、甘えたりすることができます。

 

そのため、ついつい相手に気を遣わなくなってしまい、雑に扱ってしまうことがあります。

 

安心感

この人は自分のことが大好きだから絶対に何があっても離れていかないだろう・・・という

安心感です。

仲良くなると、お互いに相手のことをよく理解し、安心感を持つようになります。その結果、気を遣うことが少なくなり、雑な態度や言動に出てしまうことがあります。

 

例えば、恋人同士であれば、付き合いが長くなるにつれて、相手のことを信頼できるようになり、気を遣わなくてもいいと思うようになります。その結果、デートの約束をドタキャンしたり、相手の気持ちを考えない言動をしたりしてしまうことがあります。

慣れ

仲良くなると、お互いの存在が当たり前になり、慣れてくることがあります。その結果、相手を特別視しなくなり、雑な態度や言動に出てしまうことがあります。

例えば、友達同士であれば、付き合いが長くなるにつれて、一緒にいる時間が当たり前になり、相手の存在を特別視しなくなることがあります。その結果、相手の気持ちを考えずに、つい雑な態度や言動をしてしまうことがあります。

ストレス発散

仲良くなると、相手に気を遣うことで、ストレスを感じてしまうことがあります。その結果、ストレス発散のために、相手の気持ちを考えない言動に出てしまうことがあります。

例えば、職場の同僚であれば、仕事でストレスを感じているときに、ついそのストレスを同僚にぶつけてしまうことがあります。

相手の気持ちを常に考えて行動する

仲良くなったからといって、相手のことを特別視せず、常に相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

ストレス発散の手段を見つけることで、相手にストレスをぶつけずに済むようになります。

大事な人ほど雑に扱ってしまうのは、決して良いことではありません。

相手を傷つけ、関係を悪化させる可能性があります。

大切な人ほど失った時にわかる、と言われますが、まさに雑に接していると、

そのうち離れていってしまい、その結果、自分が悲しむことになるのは

目に見えています。






Translate »
テキストのコピーはできません。