本ページにはプロポーションが含まれています

かっこよくないのにかっこよく見える人とは

シェアする





かっこよくないのにかっこよく見える人、とは、
容姿が整っているわけではない人でも、
なぜか魅力的に見えることを意味します。

内面の魅力とは、性格や人柄、価値観など、
外見からは判断できない要素のことです。

優しさ、ユーモア、知性、自信、芯の強さなど、
内面の魅力が豊かな人は、それだけでかっこよく見えることがあります。

例えば、容姿は普通でも、いつも周囲の人を思いやる優しさを持っている人、
ユーモアがあって会話が楽しい人、知的で博識な人、
自信を持って自分の意見を言える人、芯の強さを持って
困難に立ち向かう人などは、内面の魅力によってかっこよく見えます。

例えば、学校でいじめられている子がいて、
いじめはやめろよ!!と
みんなの前でも言えるような子はとても勇気があって男気があり、
カッコイイなと思います。

また、テレビで見かけた人ですが、

釣りをしている最中、流されてきたおぼれたネコを見つけて、
すぐにタモで持ち上げて、
救った男性も、カッコイイと思いました。

雰囲気とは、その人特有の空気感やオーラのようなものです。

自信に満ちた雰囲気、落ち着いた雰囲気、知的な雰囲気、
親しみやすい雰囲気など、雰囲気によっても、その人の印象は大きく変わります。

このように、かっこよくないのにかっこよく見える人は、
内面の魅力や雰囲気、外見と内面のギャップなど、
さまざまな要素によって魅力的に見えるものです。




シェアする

Translate »