フレネミーに狙われやすい人の特徴、フレネミーには友達がいない?

フレネミーとは、友情と敵意の両方を持つ人を意味する言葉です。

表面的には親しく接しながら、裏では悪口や陰口を言ったり、嫌がらせをしたりするのが特徴です。

フレネミーは、自分の本性を隠して近づき、相手を利用する目的で関係を築きます。

そのため、長く付き合っていると、本性がバレて友達がいなくなってしまうことが多いです。

フレネミーが友達がいない理由

本性がバレて嫌われて、友達が離れていく
自分が1番でいたい、自分が優位に立ちたいという気持ちが強く、他人と良好な関係を築くことが苦手
他人の不幸話や陰口を言うことが好きなため、周囲から敬遠される

フレネミーの友達がいないことを知ると、安心する気持ちもあるかもしれませんが、油断は禁物です。フレネミーは、友達がいなくても、他の人を利用して自分の目的を達成しようとすることがあります。

フレネミーに狙われやすい人

  • 優しい人、人助けをしてくれる人

フレネミーは、利用しやすい人を狙います。優しい人や、人助けをしてくれる人は、フレネミーにとって都合の良い存在です。

  • 境界線を曖昧にする人

フレネミーは、自分と相手の境界線を曖昧にすることで、相手をコントロールしようとします。自分の意見を押し付けたり、相手に依存させたりしやすい人は、フレネミーにとって狙われやすいと言えるでしょう。

  • 自信がない人、他人の評価を気にする人

フレネミーは、他人の評価を気にする人を狙います。自分に自信がない人や、他人の評価を気にする人ほど、フレネミーの悪口や陰口に傷つき、利用されやすくなってしまうのです。

もちろん、上記の特徴に当てはまらない人も、フレネミーに狙われる可能性があります。フレネミーは、自分の利益や目的のために、誰にでも近づいてきます

  • 人の話を鵜呑みにしない

フレネミーは、他人の悪口や陰口を言って、相手の評判を落とすのが得意です。そのため、人の話を鵜呑みにせず、自分の目で確かめることが大切です。

  • 自分の境界線を守る

フレネミーは、自分と相手の境界線を曖昧にすることで、相手をコントロールしようとします。そのため、自分の境界線を守り、相手に依存しないようにすることが大切です。

  • 自信を持つ

自信がない人は、他人の評価を気にして、フレネミーの悪口や陰口に傷つきやすくなります。そのため、自分に自信を持つことで、他人の評価に左右されないようにしましょう。

もし、フレネミーに狙われていると感じたら、早めに距離を置くことが大切です。フレネミーと関わることで、精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。信頼できる人に相談したり、自分の気持ちと向き合ったりする時間を持つことも大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。