フレネミー女性の特徴、フレネミーおばさんが嫌がること、職場にいるフレネミーの末路とは

フレネミーとは、友人を装って近づき、裏では悪口を言ったり、
足を引っ張ったりしようとする人物のことを指します。
若い人もいれば、おばさん世代になってもそうゆうタイプの人はいます。

表と裏の顔がある

フレネミーは、表では親切で優しく、裏では陰口を言ったり、嫌がらせをしたりするという、表と裏の顔を持っています。そのため、初対面ではフレンドリーで好印象を与えますが、付き合いが長くなるにつれて、本性を見抜かれてしまいます。

他人の不幸話が好き

フレネミーは、他人の不幸話を聞くのが大好きです。他人が不幸になると、自分自身が優位に立てると考えるためです。そのため、他人の悪口や失敗談を、聞き役に徹して聞き出すことがあります。

嘘が上手い

フレネミーは、嘘をつくのが上手です。自分の悪口を言われないように、他人を陥れるために、嘘をつくことがあります。そのため、フレネミーの話には注意が必要です。

自分が1番でいたい

フレネミーは、常に1番でいたいと思っています。そのため、他人を貶めたり、自分の成功を自慢したりすることがあります。

友達がいない

フレネミーは、友達がいません。なぜなら、自分を認めてくれる友達は、自分に都合の悪いことを言うかもしれないからです。そのため、フレネミーは、常に他人を自分の思い通りにコントロールしようとします。
敵にすると、まわりに言いふらしたりする厄介な人なので、まわりの人も適当に合わせてくれてはいたりしますが、
本心では、周りの人もこの人怖い・・・と思っていたりします。
自分がターゲットになりたくないために、ただ適当に合わせているだけ・・・という表面的な付き合いです。

フレネミーは、周りの人にとって、大きなストレスの原因となります。

嫉妬心が強い
おばさん世代になると、容姿や仕事、家庭など、さまざまな面で周囲と比べてしまうことが増えてきます。そのため、自分が劣っていると感じる相手に対しては、嫉妬心を抱き、陥れようとすることがあります。

自分が1番でいたい
おばさん世代になると、社会的地位や経済力など、さまざまな面で優位に立っていたいと考えるようになることがあります。そのため、自分が1番でないと感じる相手に対しては、その地位や立場を奪おうとします。

マウンティングが大好き
おばさん世代になると、自分を良く見せたいという気持ちが強くなります。そのため、他人の不幸や失敗を喜んだり、自分の幸せや成功を誇示したりすることで、自分を優位に見せようとすることがあります。

フレネミーのおばさんと関わるのは、とても難しいことです。

フレネミーが嫌がる人の特徴

自分より優れている人

フレネミーは、自分より優れている人のことを嫌がります。そのため、自分より仕事ができる人、容姿が整っている人、若くてモテる人、恋愛が上手な人などが、フレネミーのターゲットになることがあります。

自分を認めない人

フレネミーは、自分を認めない人のことを嫌がります。そのため、フレネミーの悪口や嫌がらせを無視したり、反論したりすると、フレネミーは嫌がります。

自分を陥れようとする人

フレネミーは、自分を陥れようとする人のことを嫌がります。そのため、フレネミーの嘘や陰謀に気づき、対処しようとすると、フレネミーは嫌がります。

フレネミーは、他人の幸せを妬むことによって、自分の優越性を保とうとしている存在です。

そのため、フレネミーの嫌がることは、自分を守るためにも、知っておくことが大切です。

フレネミーがいた時の対処法

距離を置く

フレネミーとの付き合いは、できるだけ避けることが大切です。
人の噂をすることが多いので、プライベートなことは言わないようにしたほうがいいです。
そのため、できるだけ距離を置き、関わらないようにしましょう。

信頼できる人に相談する

フレネミーの悪口や嫌がらせに悩んでいる場合は、信頼できる人に相談しましょう。
職場にいるフレミネーは、目に見えてわかるように、人の悪口ばかり言ってるんですよね。
実は、まわりからもそうゆう人だと見られていて、信用されていないことに
なぜか気づいていません。
相談することで、気持ちが楽になり、対処法を考えることができます。

断る勇気を持つ
フレネミーから何か頼まれたり、誘われたりしたときは、断る勇気を持つことも大切です。無理に引き受けてしまうと、後でトラブルになる可能性があります。

自分を信じる

フレネミーは、他人を貶めることで、自分の優位性を保とうとしています。そのため、フレネミーの言葉に惑わされず、自分を信じることが大切です。

フレネミーの末路

1. 孤立

フレネミーは、表と裏の顔を持っており、他人を貶めたり、嫌がらせをしたりすることで、周囲の信頼を失ってしまいます。そのため、最終的には孤立し、誰からも相手にされなくなる末路を辿ります。

これは自業自得であり、因果応報の結果ですね。

2. 自分が陥れる

フレネミーは、他人を陥れるために嘘をつくことがあります。しかし、その嘘が周囲にバレてしまうと、フレネミー自身が信用を失い、逆に陥れてしまう末路を辿ることもあります。
そもそもまわりも普段から気づいていて、適当に合わせてくれているだけなので、
職場を離れたり、退職すれば、もう会うこともありません。

フレネミーの末路は、フレネミーの性格や周囲の状況によって異なります。しかし、いずれにしても、フレネミーと関わることで、自分の幸せを損なうことになるということを覚えておくことが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。