人見知りで口下手、コミュ症で悩む?




人見知りで口下手であることは、決して悪いことではありません。

無駄におしゃべりすぎても、口は災いの元でトラブルを生む場合も・・・

むしろ、内向的な性格であるため、他人とのコミュニケーションに消極的になりやすく、

その結果、口下手になる傾向があります。

人見知りや口下手は、緊張によって余計にコミュニケーションが取りにくくなることが少なくありません。そのため、まずは緊張をほぐすことが重要です。深呼吸やストレッチなどで、リラックスした状態を心がけましょう。

人見知りや口下手は、自分の話をするよりも、相手の話を聞く方が得意な場合が多いものです。

まずは相手の話に興味を持って聞くことを心がけましょう。

相手の話に興味を持って聞くことによって、相手との距離が縮まり、
コミュニケーションが取りやすくなるはずです。

共通の話題があると、会話が弾みやすくなります。

そのため、相手のことをよく観察して、共通の話題を見つけるようにしましょう。

そもそも会話を楽しむには、お互いに好感があり、話してみたいと思う気持ちが大事ですよね。
受け入れてくれる相手とは、どんどん会話がはずみます。

まずは挨拶からですね。
挨拶+雑談をすることで、この人は話しやすい
安心できる、そう思ってもらえれば、話しやすい人になれます。

挨拶がないと、警戒されたり、嫌われてるのかな・・と不信に思われて、雑談どころでは
なくなります。

共通の話題を見つけることで、会話が自然に流れるようになり、コミュニケーションが取りやすくなります。

人見知りや口下手は、自分の話をうまく伝えられないことに悩む人も少なくありません。そのため、自分の話は簡潔に伝えるようにしましょう。長々と話すよりも、要点を絞って話すことで、相手に伝わりやすくなります。

笑顔は、コミュニケーションの潤滑油です。そのため、常に笑顔を忘れないようにしましょう。

笑顔でいると、相手も安心して話しかけてくれるようになります。

コミュニケーションのスキルを学ぶことで、コミュニケーションが取りやすくなる可能性があります。コミュニケーションのスキルを学ぶには、いろいろな人との雑談を楽しむことです。
人には相性もあるので、この人とは話しやすいなとか
話しにくいと感じる人もいますよね。

話しやすい人は、なんとなく見た目から話しやすそうな雰囲気があります。

コミュ症で悩んでいる場合、無理にコミュニケーションを取ろうとすると、かえってストレスが溜まり、症状が悪化する可能性があります。
そのため、無理をせず、自分のペースでコミュニケーションをとるようにしましょう。

また、人見知りや口下手であることを、自分の個性として受け入れることも大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。