辛い過去がある女性の特徴、過去に何かあった人、闇がある人のオーラとは


明るいけれどどこか陰を感じる。

闇を感じる人、壁を作っているように見える人もいたりしますよね。

過去になにかあった?

そんな風に心配してしまうことも・・・

闇がある人のオーラってどんなもの?

少々壁を作っているような
本心を話さないので、一見何を考えているのかわからないタイプの人もいます。

優しい性格の人は過去に辛い思いをしたり、仲間外れにされたり、
人が嫌がることを押し付けられた経験があり損をしたり、傷ついた過去などがあります。

自分自身が傷ついたことで、他人の痛みがわかるようになります。

繊細な性格の人は他人に気を遣ったり、顔色を伺う傾向があり、
こんな自分が嫌だと感じていることが少なくありません。

人前では明るく振舞っているけれど、実はネガティブ思考で
まわりの目をすごく気にしてしまう。

明るいけれど、闇があるオーラの人もいますよね。

辛い過去の経験や他人の気持ちを思いやる心を持っているので、
優しくモテるタイプでもあります。

苦しいことや辛いこと、どん底とも言えるような出来事を
乗り越えてきている人は精神的にもタフで強い人になれるからです。

性格を改善したい人が多いですが、傷つきやすい性格の人は自分のことが好きでないことが多いです。
自分を大事にできない人、好きでない人は本当の意味では、優しい性格とは言えません。

本当に優しい性格の人は、自分自身を大切にしているため、他人にも優しくできるのです。
繊細で傷つきやすい性格の人は、自分自身を好きになること、自信をつけることで自己肯定感が上がります。

自己肯定感を上げることで自分をいたわったり、大切にできるようになり、他人にも配慮ができる余裕が出てきます。

他人や家族を優先しがちですが、自分だけが損をしない、悪い人に利用されないためには、きっぱりと断る、嫌なことはできないと断ることも大事です。

傷付けてくるような人には嫌われたほうがマシです。

自分を犠牲にしてまで、尽くしてしまうのは避けたほうが良いでしょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。