年賀状じまい、若者は辞めたい?40代50代世代も年賀状を辞めたいと悩む人が多い、友人同士で年賀状辞める時の文例とマナー


日本の伝統行事でもある
お正月の年賀状。

実はもう辞めたいと思う若者も増えています。

すでに今のZ世代は、SNSやlineでメッセージを送り合えば
挨拶になりますね。

年賀状じまいをしたい理由として一番に思うのが「手間」がかかるということです。
はじめに郵便局から年賀状を買ってきて、パソコンで文章やデザインを考えますよね。

そして、切手を貼って、郵便ポストに投函するという「手間」がかかるのです。
この作業を行うだけで数時間のロスがありますよね。

年賀状のくじも、ほとんど当たることもないですよね。

届いたとしても、どうせ何も当たってないだろうなと感じてしまいます。

普段の生活をしながら、年末の忙しい時期に作る年賀状は、
毎年のことながらおっくうになりがち
年賀状を送ってくれる方の気持ちはとても嬉しいけど返すのも面倒・・・。

会う予定も今後なさそうな人に、また会おうね
と一年のはじまりに伝えるのも社交辞令のようで面倒にもなります。

実はもう年賀状を送ることを辞めたいけれど、
相手から毎年届くので、届いたら返信する人も多いのではないでしょうか?

元旦に届けてくれたら、送らなきゃならないと感じますね。

そう思う方もたくさんいると思います。

年賀状じまいのマナー

年賀状じまいのマナーとして考えられるのが、相手への承諾を入れることです。
いつもお世話になっている方へメールでのお知らせを入れてみてはどうでしょうか。

「ペーパーレス化を行いたいので、来年からはメールでご挨拶しますね」
そのように一言承諾を入れていれば嫌な気持になる方は少ないでしょう。

年々ペーパーレス化は進んでいます。
これをきっかけに年賀状じまいを行い、
お互い気軽に新年のあいさつが出来る、気持の良い年を迎えましょう。

ゆっくりと新年のあいさつを行いたいですね。








Translate »
テキストのコピーはできません。