一緒にいて楽しい人になりたい

シェアする





一緒にいて楽しい人になるには

人は自分に興味を持ってくれる人に対して、好感を持つものです。

この人は自分に興味がなさそうだなぁと思う人とは
あまり話したいとは思わないものですよね。

会話をしていて、つまらなさそうにしていたり、
何も質問がない人や話をあまり聞いてはいなさそうな雰囲気だと
相手もつまらなくなりだんだんと離れていってしまいます。

好意には返報性の心理があるので、
この人からは好かれてるなぁと感じると、
人は安心できます。

自分のことを好きそうな人か、嫌そうな人か、
どちらに近づきたいと思うのかは、
確実に好かれてるだろうなと思う人ですよね。

だからまずは相手を好きだと思うことが大切です。

相手の話をよく聞くことで、相手は自分の話を聞いてもらっていると感じ、
安心感や信頼感を抱きます。相槌を打ったり、質問をしたりしながら、
相手の話をしっかりと聞きましょう。

相手の良いところを見つけて褒めることで、相手を喜ばせることができます。
また、相手も自分の良いところを認めてもらえることで、自信をつけることができます。

相手の興味のある話題を広げることで、会話が盛り上がりやすくなります。
相手の話をよく聞き、相手の興味のあることを探ることが仲良くなるポイントです。

相手の立場に立って考え、思いやりを持って接することで、
相手は心地よく感じます。相手の気持ちを尊重し、相手のためになることを考えて行動しましょう。

また、一緒にいて楽しい人になるためには、自分自身が楽しい気持ちでいることも大切です。

楽しい気持ちでいることで、自然とポジティブな雰囲気や笑顔が出てくるようになります。

一緒にいて楽しい人は、結婚相手としても選ばれやすいポイントです。










シェアする

Translate »