もう好きじゃなくなったと感じる心理、別れるべき?




「もう好きじゃなくなった」という感情は、
恋愛において誰もが経験することがあるものです。

そんなに以前ほど会いたいとも思わなくなってきた

相手と会えなくても平気かなと思う

そんな時好きでもにないのかな・・・と思いますね。

価値観や考え方の違い

付き合っていくうちに、自分と合わないと感じるようになってくることもあるでしょう。

例えば、お金の使い方、趣味やライフスタイルなど、さまざまな価値観や考え方の違いが原因で、
好きじゃなくなることがあります。

相手の言動や態度

相手の言動や態度が、好きじゃなくなる原因となることもあります。
例えば、自分勝手な言動や、思いやりのない態度、浮気や不倫などの行為などです。
会っても喧嘩ばかりしていて、イライラしてきた。
相手といても幸せな感情よりも、嫌な気持ちが大きくなってきた。

外的要因

外的要因が原因で、好きじゃなくなることもあります。例えば、仕事のストレスや人間関係の悩み、体調不良などです。

これらのストレスや悩みによって、心身が疲弊し、恋愛に対しての情熱が冷めてしまうことがあります。

自分自身の変化

自分自身の変化によって、好きじゃなくなることもあります。

自分の価値観や考え方が変化すると、相手のことが魅力的に見えなくなってしまうことがあります。
他の異性に惹かれてしまう、ということもありますよね。

「もう好きじゃなくなった」と感じたら、まずは冷静に自分の気持ちを見つめ直してみましょう。その原因を理解することで、今後どうすればよいのかを考えることができます。

もし、相手に対する気持ちが冷めてしまったままで付き合い続けると、お互いに幸せになれない可能性があります。
本当はこの人のこと好きじゃないと思いながら、付き合うのも失礼です。

もし、別れを決断することになった場合、相手にきちんと気持ちを伝えることが大切です。

理由を曖昧に伝えたり、相手を傷つけるような言い方をしたりすると、トラブルになる可能性があります。

自分は別れたいけど、相手は別れたくないと本心で想っている場合、
別れ話をすると、トラブルになることもあるんですよね。

また、別れた後は、相手への執着や未練を断ち切ることも大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。