睡眠の質を良くするには?スマホ見すぎて寝れない時の対処法

スマホの画面から発せられるブルーライトは、脳を覚醒させる効果があります。

寝る前にスマホを使うと、脳が興奮して寝つきが悪くなる原因となります。

寝る2時間前までにスマホの使用を控え、寝る前にはできるだけスマホから離れるようにしましょう。

ブルーライトは明るい画面ほど強い影響を与えます。

寝る前にスマホを使う場合は、画面の明るさを下げるか、ブルーライトカットのフィルターを使用すると効果的です。

スマホの通知が鳴ると、脳が刺激されて寝つきが悪くなる原因となります。

寝る前にスマホの通知をオフにしておきましょう。

寝る前に体をほぐしたり、好きな音楽を聴いたりして、
リラックスできる習慣をつけましょう。アロマの香りを楽しんだり、寝る前の読書も効果的です。

寝室にスマホを置いておくと、ついつい寝る前に手に取って使ってしまいます。

スマホの画面から発せられるブルーライトが、脳を覚醒させる効果があるため、
寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下したりする原因となります。

質の良い睡眠とは、単に睡眠時間が長いだけでなく、
睡眠の深さやレム睡眠の割合が適切であることが重要です。

レム睡眠は、脳が活発に活動する睡眠です。夢を見ることが多いのが特徴です。

レム睡眠が十分に取れない場合は、記憶力が低下したり、
感情のコントロールが難しくなったり、創造性が低下したりする可能性があります。

質の良い睡眠をとるためには、レム睡眠を十分に取ることが大切です。

レム睡眠は、睡眠サイクルの約90分ごとに1回訪れます。

入眠後1時間以内に最も深いノンレム睡眠に入る
ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に4~5回繰り返す
浅い眠りのレム睡眠時に起床する

質の良い睡眠をとる習慣

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる
寝る前にカフェインやアルコールを摂らない
寝る前にリラックスできる時間を設ける
寝室を暗く、静かに、涼しくする

また、睡眠の質を測定するアプリやデバイスを利用することもおすすめです。






Translate »
テキストのコピーはできません。