賢い人はテレビを見ない?




1. テレビは受動的なメディアである

テレビは、視聴者がただ座って画面を見るだけの受動的なメディアです。

一方、読書やインターネットは、自分で情報を選んで積極的に行動する必要があります。

賢い人は、自分の時間をより有効活用するために、
受動的なテレビよりも、能動的な活動を選ぶ傾向があります。

2. テレビは偏った情報が多い

テレビは、視聴率を上げるために、偏った情報やセンセーショナルな
ニュースを流すことがあります。

賢い人は、そのような情報に惑わされることなく、
自分で情報を収集して判断する能力を持っています。

3. テレビは時間を浪費する

テレビを見ている時間は、他のことに使える貴重な時間です。

賢い人は、自分の時間を有効活用するために、テレビを見る時間を制限しています。

しかし、テレビにはテレビの良さもあります。

例えば、ニュースやドキュメンタリー番組から、
社会情勢や知識を学ぶことができます。

また、バラエティ番組などから、娯楽を楽しむこともできます。

賢い人は、テレビのメリットとデメリットを理解した上で、
テレビとの付き合い方を決めていると言えるでしょう。

テレビを見ないことだけが賢い生き方ではありません。

重要なのは、テレビに依存することなく、自分の時間を有効活用することです。




Translate »
テキストのコピーはできません。