断捨離捨てても困らないものランキング、あったら便利だけどなくても困らないものはどんどん捨てるのがベスト、ミニマリスト手放してよかったもの


断捨離ってストレス発散に良いって聞いた事ありませんか?
ストレス発散以外にも沢山のメリットがありますよね。

でも、メリットは沢山あるけど実際に断捨離をするってなると方法が分からないですよね。
「何を捨てたら良いのだろう?」「何でも捨てていいの?」と分からない事が多いと思います。

こんまりさんの本を参考にして、
ときめくものは残す、そうではないものはどんどん捨てていくという断捨離が一時期流行りましたね(^^

部屋はすっきりとしているほうが見た目がきれいだし、頭もすっきりとします。

部屋は一番自分が過ごす場所なので、気持ち良いところにしたいですね。

絶対に捨てたくないと思うものは、常に見えるところに置いておきたいですが、
部屋がごちゃごちゃしてしまうのは、気分が良くないので、すっきりさせたいです。

そもそも断捨離とは何?

断捨離って良く聞く言葉ですけど、実際何をするか分からないですよね。

断捨離とは、不要な物を処分し物への執着心を無くして、身軽にし生活を快適に過ごす事を言います。

断捨離の言葉の意味は、断行、捨行、離行の3つの言葉が由来となっています。
こちらはヨガの考え方が由来です。

断捨離で捨てた方が良い物
断捨離とは物への執着心を無くして、不要な物を捨てる事だと分かりましたが、実際には何を捨てれば良いか分からないと思います。
まずは、断捨離の時に何を捨てたら良いのかを紹介していきます。

1、衣服
こちらは1年以上着てない衣類が対象になります。
1年以上となると、どの季節でも着てない事になりますので、無くても問題ありませんよね。

服は季節の始めなどで新しい物を購入する機会があると思うので、新しい物を購入した場合には古い着ない衣服は捨てる様にすると良いです。

2、古くなった書類
かなり前に届いて「いつか使いそう」などで保管して掃除の時にしか見ないような古い書類は捨てる様にしましょう。

保険の更新などで来る契約内容書類での古い書類などは必ず捨てる様にしましょう。
しかし、捨てる場合個人情報が乗っている物はシュレッダーにかけるようにしておいて下さい。

3、結局使わない物
いつか使いそうだと思って取っている物もありますよね。
でも、実際は家にあるっていう安心感はありますが、断捨離の物への執着心を無くす為にも使わないのであれば今後使うかもでは無く、捨てる様にしましょう。

断捨離で捨てない方がいい物
断捨離で捨てた方が良い物は分かりましたが、捨てない方が良い物もあります。

何でも捨ててしまうと後悔が残ってしまう事があるので、捨てない方が良い物をしっかり把握して断捨離をしていきましょう。
その為にも断捨離で捨てない方が良い物も紹介していきます。

1、思い出の物
物は欲しくなったら購入する事が出来ますが、思い出の過去はまた入手する事は出来ません。
こちらは特に写真などはその時にしか取れない物なので、写真や思い出の物は必ず残しておいた方が良いです。

こちらは捨ててしまって後悔してしまう物で上位に入るのでは無いでしょうか?

2、借り物
こちらは言わずともと思いますが、人から借りた物は絶対に捨てない様にしましょう。

借りている物は自分の物では無いので捨てるなんて言語道断です。

物を貸してくれると言うことは、あなたを信じて貸してくれています。
それを捨ててしまうと、人間関係の悪化、信用が無くなってしまいます。

借り物は必ず捨てない様にしましょう。

3、大事な書類
こちらは契約書や証明書などにあたります。

重要な書類は再発行不可だったり、再発行がかなり面倒な物もあります。
そう言った物は必ず必要になりますので、不要な書類は捨てて良いですが、必要な書類も一緒に捨てない様に気をつけないといけないです。

大事な書類を捨ててしまうと大きな損失、事故に繋がるのできちんと保管しておいて下さい。

4、日常生活で使っている物
こちらは言わずともと思いますが、普段生活で使っている物は捨てない方が良いです。

断捨離はストレス解消に良いとされていますが、日常生活で使っている物を捨ててストレスが溜まってしまっては意味がありません。

日常で使っているけど、今後無くても問題無いものは捨てて良いですが、そこはじっくり考えて捨てるかは決めた方が良いでしょう。

自分が納得の行くように楽しみながら断捨離をして行きましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。