お互い連絡しないと自然消滅?




恋愛において、「お互い連絡しない」ことは、
自然消滅の可能性が高いと言えます。

自然消滅とは、お互いに「別れよう」ということを告げずに、
交際関係が終わってしまいます。

自然消滅が成立する期間は、明確な定義はありませんが、

お互いに連絡しない期間が1カ月程度続いた時に
「自然消滅」とされることが多いです。

しかし、この期間は2人が元々どういう関係だったか、
どれくらい連絡を取り合っていたかによって異なります。

例えば、付き合って間もないカップルであれば、
1週間程度連絡がなくても自然消滅とは言えない場合もあります。

連絡もしないし、会ってもいない、

顔を見ることもなくなった関係なら、もうお付き合いしているとは言えません。

優しい人なら、連絡くらいは返すかもしれませんが、
返信をしていると、相手からはまだ付き合ってる、仕事が多忙だからに違いない・・・
待ち続けよう・・・と相手に誤解を与えてしまうこともあるので、
別れたいのに連絡が来る場合は、別れ話をしたほうが
真に優しいと言えます。

自然消滅やフェードアウト、というのは別れ話をしていないので、
相手からも不誠実と思われやすく、相手に誤解を与える行動でもあるので、
後々トラブルになることもあります。

また、あまり良くは思われないので、周りの人からの評判も悪くなるかもしれません。

自然消滅の別れ方は、相手を傷つけない、という優しい別れ方でもありますが、
ある意味残酷でもある別れ方なのです。

お互い連絡しないことで自然消滅になってしまう理由

どちらかが相手への愛情がなくなった。

ケンカ別れをしてそのまま・・・

話し合うのが面倒になった。

お互いに傷つきたくない。

もうケンカしたくない。

意地を張って連絡したくない。

相手の束縛が嫌になった。

恋愛よりも大事なことがある。

自然消滅を避けたい場合は、相手から連絡が来なくても、
自分から連絡してみることが大切です。

相手が返信しやすいよう、深刻な内容ではなく明るい内容を心掛けます。

相手を気遣う言葉を添えるとさらに良いでしょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。