嫌われてもいいと開き直ると生きやすい?


嫌われることを極度に恐れると

本当に生きづらい。

思うことを言えず、素を出せず。

世の中には、嫌われても楽しく堂々と生きている人がいる。

自分の思ってることを言うのが楽しいと言っていた。

その人は誰にどう言われようと、そういえば自信がありそうで楽しそう。

そうゆう人は、堂々としていて、自由そうに見える。

嫌われる時は、理由が確実にある場合もあれば
よくわからない時もある。

なにか裏切りがあったとか、嫌なことを言われたとか
わかりやすい理由があるなら、まだわかるんですが、

嫌いという理由が、よくわからない時もある。

なんか、合わない、というやつだろうか・・

相性が合う、とか合わないとかもあるし、

自分とは合わない人からはどのみち嫌われる。

どう取り繕っても、何を言っても、素晴らしい人格者であっても
優しい人なのに嫌われる時もある。

あの人は嫌い、嫌だ、

ある時そうした話が聞こえてきたので、
聞いていたら、

Aさんは、「えーあの子はいい子だよ」
と。

Bさんは、「えーやだ・・・」「波長が合わない」というようなことが聞こえてきた。

いい子だけど、波長が合わないから嫌われる???

そんな理由で嫌われるんだなぁと思った。

いい子だと思われているのに嫌われた?

そうゆうBさんは、性格が悪そうだし、意地悪そうだった。

特定の人物から嫌われるというのは、誰でも経験していることだし

かげで何か悪く言われたりするのも、誰でも経験はしている。

万人から好かれる人は、おそらくいない。

人気のある人は世に存在はしているけれど。

1. 開き直るメリット

楽になる: 他人の評価を気にしなくなるので、気持ちが楽になります。
自分らしさ: 本音を抑え込まず、自分らしさを表現しやすくなります。
行動力: 失敗を恐れずに、挑戦しやすくなります。

2. 開き直るデメリット

孤立: 周囲から距離を置かれ、孤立する可能性があります。
信頼関係: 信頼関係を築きにくくなります。
成長機会: 批判を受け入れず、成長の機会を失う可能性があります。

他人の評価に左右されず、自分自身の幸せを追求しましょう。

開き直ることは、必ずしも悪いことではありません。
状況に応じて、柔軟に対応することが大切です。

自分を信じて、自分の人生を楽しみましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。