意地悪な人に目をつけられやすい?攻撃されやすい人の特徴





1. 自信が低い

自信が低い人は、自分の意見や価値観を主張することが苦手です。
相手から攻撃されても、反論したり、
自分の意見を主張したりすることができず、ただ受け身になってしまうことがあります。

2. 境界線が弱い

境界線が弱い人は、自分と他人の間で適切な距離感を保つことが苦手です。
相手から過度に干渉されたり、攻撃されたりしても
それを拒否することができず、受け入れてしまうことがあります。

3. 優しい

優しい人は、相手のことを思いやり、自分のことを犠牲にしてでも
相手を助けようとする傾向があります。

相手から利用されたり、攻撃されたりしても、相手を責めたりすることができず、ただ受け入れてしまうことがあります。

4. ネガティブな思考

ネガティブな思考を持つ人は、物事を悪い方へ考えてしまう傾向があります。

自分自身や周囲の人に対して、否定的なイメージを抱きやすくなります。その結果、自分自身や周囲の人から攻撃される対象になりやすくなります。

5. ストレスに弱い

ストレスに弱い人は、ストレスを感じると、判断力が鈍ったり、
感情のコントロールが難しくなったりすることがあります。
攻撃的な言動をとってしまうことがあります。

6. 自己主張が苦手

自己主張が苦手な人は、自分の意見や気持ちを伝えることが苦手です。
相手から攻撃されても、自分の意見を主張したり、反論したりすることができず、ただ受け身になってしまうことがあります。

7. 周囲の顔色を伺う

周囲の顔色を伺う人は、常に他人にどう思われているかを気にしています。

相手から攻撃されても、相手を怒らせたくないという気持ちから、反論したり、自分の意見を主張したりすることができず、ただ受け身になってしまうことがあります。

8. 過去のトラウマ

過去のトラウマを持っている人は、攻撃的な言動に対して過度に敏感になることがあります。

相手からちょっとした攻撃を受けただけでも、強い恐怖や不安を感じてしまうことがあります。

9. 孤立している

孤立している人は、周囲に助けを求める人がいないため、
攻撃を受けたときに一人で対処しなければなりません。

攻撃から身を守るために、自分自身を強くする必要があります。

10. 社会的なスキルが低い

社会的なスキルが低い人は、相手とのコミュニケーションをうまく取ることができません。

誤解を生んだり、相手を怒らせてしまうことがあります。

これらの特徴はすべて、攻撃を受けやすくする要因となります。

これらの特徴に当てはまる部分がある場合は、

自分自身を守るために、できることから対策を講じていくことが大切です。

攻撃から身を守るための対策

1. 自信をつける

自信をつけることで、自分の意見や価値観を主張することができるようになります。また、相手からの攻撃に対しても、毅然とした態度で対応できるようになります。

2. 境界線を設ける

自分と他人の間で適切な距離感を保つことで、相手から過度に干渉されたり、攻撃されたりすることを防ぐことができます。

3. アサーティブコミュニケーションを学ぶ

アサーティブコミュニケーションは、自分の意見や気持ちを相手に伝えるコミュニケーション方法です。この方法を学ぶことで、相手を尊重しながらも、自分の意見を主張できるようになります。

4. ストレスを解消する

ストレスを解消することで、判断力や感情のコントロールを保ちやすくなります。また、攻撃的な言動をとってしまうことを防ぐことができます。

5. 周囲の人に相談する

攻撃を受けている場合は、周囲の人に相談することで、助けを得ることができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。