ブラック企業あるある、なぜブラック企業はなくならないのか?




ブラック企業あるある

サービス残業が当たり前
休日出勤が当たり前
深夜まで働いて当たり前
休暇が取りにくい
繁忙期は泊まり込み
残業代が支払われない
最低賃金以下の給与
成果給でほとんど稼げない
昇給しない
パワハラモラハラをする上司がいる

休憩時間がない
トイレに行くのも制限される
私用で携帯電話を使うことができない
常に監視されている
社員同士の競争が激しい

ブラック企業かも?と思ったら

厚生労働省の相談窓口に連絡する
労働組合に相談する
弁護士に相談する

ブラック企業が完全に無くなるのは難しいかもしれませんが、
近年は改善に向けた動きも活発化しており、徐々に減少傾向にあります。

中小企業の取り組み不足

大企業と比べて、
中小企業は人手不足や資金不足などの課題があり、
労働環境改善への取り組みが遅れています。

ブラック企業を許容する社会風潮が残っており、
根本的な解決には社会全体の意識改革が必要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。