いい人のふりしてあなたを攻撃してくる人への対処法

いい人のふりをして攻撃してくる人は、
一見すると親切で友好的に見えますが、実は相手を支配したり、
傷つけたりしようとする意図を持っています。

1. 相手の特徴を知る

いい人のふりをして攻撃してくる人は

過剰な親切: 必要以上に親切にしてくることで、相手に罪悪感や義務感を持たせようとする。

褒め言葉: 褒め言葉を使って相手を油断させ、つけ込みやすくする。

被害者ぶる: 自分が被害者であると演じることで、相手の同情を誘い、攻撃を正当化する。

悪口や陰口: 他人の悪口や陰口を言うことで、相手を自分に引き入れようとする。

秘密主義: 自分のプライベート情報をあまり話さないことで、相手を信用させようとする。

2. 距離を取る

このような人への最善の対処法は、距離を取ることです。
できるだけ関わりを避け、接触を減らすようにしましょう。

3. 毅然とした態度で接する

もし、どうしても関わらなければならない場合は、
毅然とした態度で接することが大切です。

相手の言葉に惑わされず、自分の意見をしっかりと主張しましょう。

4. 周囲に相談する

一人で悩まず、周囲に相談することも大切です。
信頼できる人に相談することで、客観的な意見を聞くことができ、
対処法を見つけるヒントになります。

5. 記録を残す

相手からの攻撃的な言動があった場合は、記録を残しておくことも有効です。

メモや録音など、証拠となるものを残しておくことで、いざという時に役立ちます。

自分自身を大切にする

このような人との関わりは、精神的に大きな負担となります。
自分自身を大切にするために、十分な休息を取ったり、
リフレッシュする時間を確保するようにしましょう。

いい人のふりをして攻撃してくるような人とは親しくならないほうが
人生は楽しいです。
そんな人には嫌われたとしても、困ることもありません。

仲いいフリをしながら、裏では陰口ばかり言う人は、人間性も良くないので、
信用しないのが一番です。

そんなこと言わなくてもいいのに・・・と思うような小さな細やかな悪いところを
見つけ出し、グチグチと悪く言ってきます。

周りの人にあなたもそう思うでしょ?
あの人みんなから嫌われてるんだよ・・・
だから関わらないほうがいいよ、と助言してくる人ほど、信用できません。

たいてい、いつも誰かの悪口を言う人は、あなたのこともそのうち言い出すものです。

最初はわからなくても、後々そうなります。

陰口を言われた分だけ、その人からは嫌われて、自分からは離れていってくれたほうがましです。

だまされずに済んでよかった、類は友を呼ぶというし、変なフレネミーのような人とは
親しくなれないほうが良いです。






Translate »
テキストのコピーはできません。