特定の人にだけ攻撃的な女性の心理、陰口を言われてる気がする、周りに何か言われてる気がする、陰口言われても気にしないのが良い?陰口ばっかり言う人は小心者





職場で自分のことを悪く言われている気がする・・・

特定の人にだけ攻撃的な女性や口調がきつい人がいて、すごく嫌・・・

陰口ばかり言う人がいると、負のオーラが漂い嫌な気持ちになりますね。

気にしないのが一番ですが、ひそひそと言われていると、なんとなく気分が悪いです。

職場にいる攻撃的な女性から身を守るためには、まず、攻撃的な女性の心理を理解することが大切です。

攻撃的な女性は、以下のような心理状態にあることが多いと言われています。

自信がない

不安や焦りを感じている

周囲から認められたい

優位に立っていたい

このような心理状態にある女性は、自分より劣っていると感じた相手に対して攻撃的になる傾向があります。

実は攻撃的な人は、小心者でもあり、可哀そうな人なのですよね。

物理的に攻撃されるわけではないので、訴えるというわけにはいかなくて困りますね。
しかし、精神的に追い詰められる人がいることも事実なのです。

誹謗中傷が理由で、この世を人知れず去る人もたまにいます。
そのくらい陰口や攻撃的な嫌味は、人の心を傷つけてトラウマにさせるもの・・・

攻撃的な女性から身を守るには

1. 心の準備をする

攻撃的な女性から攻撃されたときに、パニックになってしまっては、かえって被害に遭いやすくなります。

そのため、あらかじめ心の準備をしておくことが大切です。

攻撃的な女性の心理を理解する

攻撃されたときの自分の感情をコントロールする方法を考える

攻撃されても落ち着いて対応できる自分をイメージする

2. 距離を置く

攻撃的な女性との関わりを減らすことも、身を守るために重要なことです。

仕事やプライベートで関わる機会を減らす

必要最低限のコミュニケーションに留める

攻撃的な女性の話題には深入りしない

3. 冷静に受け流す

攻撃的な女性から攻撃されても、感情的になって反応すると、かえって火に油を注ぐことになります。

そのため、冷静に受け流すことが大切です。

攻撃の内容に耳を貸さない

攻撃の内容を真に受けない

攻撃されたことをスルーする

4. 上司や人事に相談する

攻撃的な女性の行為が、職場の秩序を乱すような場合や、精神的に苦痛を感じる場合などは、
上司や人事に相談することも検討しましょう。

上司や人事を通じて、攻撃的な女性に注意してもらったり、配置換えなどの措置を講じてもらうことができます。

物理的に会わないようにする、離れるのが一番いいですよね。

陰口を言われている気がするというのは、とてもつらいことです。

特に、その陰口の対象が自分だとわかっている場合は、なおさらです。

陰口を言われると、次のような気持ちになることがあります。

悲しい
怒り
不安
自信を失う
孤独

陰口を言われたときは、まず自分の気持ちを受け止めることが大切です。 つらい気持ちになるのは当然です。

直接聞いてみるのも一つの方法ですが、もし相手が悪気なく言っていた場合、余計に傷つくこともあります。

また、陰口を言われているかもしれないという可能性を頭に入れておき、そのせいで自分を責めないようにしましょう。

相手は愛に枯渇している人なのかもしれない。
幸せな人は他人に意地悪しない、というのも真実ですから・・・

陰口を言う人は、自分をより良く見せるために、他人を貶めようとするものです。

毎日だれかの悪口を言ったりしている人って、相当な闇がありそうな感じがするんですよね。

陰口を言われたときの対処方法は、いくつかあります。

スルー、無視する

相手に話をする

信頼できる人に相談する

スルー、無視するのは、一番簡単な方法です。 精神的に強い人なら、相手の陰口など便所の落書き、
ゴミ拾いのようなもの、
ハエや蚊が飛んでいてなにか言ってる・・・くらいにしか思ってないですよね。

ここまでメンタル強い人は稀です。

しかし、相手に悪意がある場合、無視しても陰口は止まらないかもしれません。

相手に話をするときは、冷静に、そして落ち着いて話してみましょう。

相手の言い分を聞き、自分の言い分をしっかり伝えることが大切です。

信頼できる人に相談するのも、一つの方法です。

陰口を言われるのは、決して自分のせいではありません。

自分を大切にして、堂々と生きていきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。