人に意地悪なことをすると因果応報は必ずある?陰で悪く言う人、特定の人の悪口を言う人、意地悪な人の行く末とは





意地悪な人は人の良い面を見ることができず、悪い面ばかり気になっており、
自分に興味関心を向けるために意地悪をしてしまうことがあります。

大人になると職場や家庭でも褒められることが少なく、承認欲求が強くなると人に認めてもらいたい気持ちが強いです。

意地悪な人は職場や学校などで気に入らないことがあると、嫌みや悪口を言ったり、陰口を言うことで信頼を失ってしまうことがあります。

誰でも、自分に敵意を向ける人や陰で実は悪く言う人のことは良くは思わないですよね。
特定の人だけの悪口を言ったり誰かをいじめていたり。
そうしたことをすれば、必ず恨まれます。

そうした裏の面を知った時、あの人は嫌な人だな関わりたくないと思います。

そして、大勢の人からそうした負の感情を持たれてしまうということは、
悪いエネルギーが意地悪な人へと向かい、
あの人には幸せになってほしくないと心から思われてしまうと、
後々、怖いことが起きますよね。

1人2人だけでなく意地悪なことを多くの人にしていたら、
大勢から嫌だなと思われてしまいます。

不幸になってほしい、と他人から思われることは、怖いです。

恨みのエネルギーは、いずれは本人に返るのです。

意地悪な人の行く末は因果応報なので、人を傷つけることで自分にかえってきてしまいます。

あの人は信頼できない人、自分のことしか考えない自分中心で利己的な人、嫌なことばかり押し付けて、自分は得しようとすると思われてしまいます。
周囲の人から信頼を失い、職場や学校などで孤立をしてしまうことが多いです。
ひどい意地悪をしている人は、罰が当たってしまうということになります。

人には親切にしたり、優しくしたほうが絶対にいいですよね。




Translate »