同窓会はマウント合戦が始まる?同窓会をやりたがる人の心理


同窓会は、久しぶりに旧友と再会できる楽しい機会ですが
一方で「マウント合戦」が繰り広げられる場としても知られています。
同窓会を開かないかぎり、同級生みんなで集まる機会はなかなかありません。

貴重と言えば、超貴重な会合です。

マウント合戦とは

マウント合戦とは、自慢話や自慢げな発言をすることで
相手より優位に立とうとする行為です。

同窓会では、学歴、職歴、年収、結婚、子供など、
様々な分野でマウントを取ろうとする人が現れます。

マウント合戦の心理

承認欲求:他人から認められたい、尊敬されたいという気持ち
劣等感:自分自身に自信が持てず、他人より優位に立って安心感を得ようとする気持ち
嫉妬心:他人の成功や幸せを妬み、自分の方が優れていることをアピールしようとする気持ち

マウント合戦への対処法
マウント合戦に巻き込まれたくない、あるいはうまく対処したい場合は、

気にしない:マウントを取ってくる人の発言を真に受けず、聞き流す
話をそらす:別の話題を持ち出して、マウント合戦を終わらせる
同調する:相手の話に同調することで、相手を満足させる
ユーモアで返す:相手の自慢話を笑いでかわす
その場を離れる:どうしても嫌な場合は、その場を離れる

マウント合戦をしないためには

マウント合戦は、参加者全員にとって不快なものです。
マウント合戦をしないためには、以下のような心構えが大切です。

他人と自分を比べること:他人と自分を比べるのではなく、自分自身の成長に意識を向ける
謙虚な気持ちを持つ:自分の方が優れていると思い込まず、常に謙虚な気持ちで人と接する
他人の幸せを喜ぶ:他人の成功や幸せを妬むのではなく、素直に喜ぶ

同窓会を楽しむためには

同窓会は、マウント合戦をする場ではありません。
久しぶりに会う旧友と楽しい時間を過ごすために、以下のことに気をつけましょう。

自慢話や悪口は控える
相手の話に耳を傾ける
自分の近況を素直に話す
同窓会を企画してくれた人に感謝する

同窓会をやりたがる人の心理

懐かしさ: 学生時代の思い出話に花を咲かせたい
近況報告: 久しぶりに会った旧友に、自分の近況を報告したい
交流: 旧友との交流を深めたい
人脈: 人脈を広げたい
承認欲求: 自分の成功や幸せをアピールしたい
劣等感: 自分の現状を肯定したい
孤独感: 孤独感を解消したい
恩師への感謝: 恩師への感謝の気持ちを伝えたい

https://furusato-toyoma.jp/archives/1900同窓会をやりたがる人のタイプ

社交的な人: 人と話すことが好きで、積極的に交流を図る人
リーダーシップがある人: 幹事役をかって出て、同窓会を企画・運営する人
懐かしがり屋の人: 学生時代を懐かしみ、当時の思い出を共有したい人
承認欲求が強い人: 自分の成功や幸せを他人に見せびらかしたい人
劣等感がある人: 自分の現状を他人と比べて、安心感を得たい人
孤独を感じている人: 旧友との交流を通して、孤独感を解消したい人

同窓会をやりたがる人のメリット

久しぶりに旧友と会える: 学生時代の思い出話に花を咲かせたり、近況報告をすることで、旧友との絆を深めることができる
人脈を広げられる: 久しぶりに会う旧友だけでなく、その友人や家族など、新たな人脈を広げられる可能性がある
気分転換になる: 普段とは違う環境で過ごすことで、気分転換になり、リフレッシュできる
昔の自分に会える: 学生時代の思い出を振り返ることで、初心に立ち返ったり、昔の自分と向き合うきっかけになる

同窓会をやりたがる人のデメリット

準備が大変: 幹事役の場合は、会場選び、連絡先確認、案内状作成など、準備に多くの時間と労力が必要
費用がかかる: 参加費や飲食代など、費用がかかる
人間関係のトラブル: 旧友との人間関係がうまくいっていない場合、トラブルに発展する可能性がある
期待外れになる: 期待していたほど盛り上がらなかったり、旧友が変わっていたりして、期待外れになる可能性がある

同窓会を成功させるためには

幹事役を決め、役割分担をする: 幹事役を決め、役割分担をすることで、準備がスムーズになる
参加者アンケートを取る: 参加者の希望を把握するために、参加者アンケートを取る
予算を決める: 予算を決めることで、費用を抑えることができる
連絡をこまめにする: 参加者への連絡をこまめにすることで、参加率を向上させることができる
二次会は自由参加にする: 二次会は自由参加にすることで、参加者の負担を軽減できる

同窓会は、久しぶりに旧友と会える貴重な機会です。








Translate »
テキストのコピーはできません。