職場に感じ悪い人がいて対応に悩む時

シェアする





職場は友人や家族と過ごす場所ではなく、仕事をする場所です。

そのため、感じ悪い人がいる場合でも、
仕事と割り切って接することが大切です。

相手によって態度を変えたり、悪口を言ったりするのではなく、
あくまでもビジネスライクに接するようにしましょう。

感じ悪い人と関わらないように、適度な距離を保つことも有効です。

仕事で必要なコミュニケーションは最低限に留め、
それ以外は関わらないようにしましょう。

また、休憩時間やランチの時間帯は、感じ悪い人がいる場所を避けるようにするのもよいでしょう。

感じ悪い人の言動が、仕事に支障をきたすような場合は、
上司や信頼できる人に相談しましょう。

上司が間に入って、感じ悪い人に注意を促してくれるかもしれません。

また、上司や信頼できる人に相談することで、心身の負担を軽減することができるでしょう。

どうしても感じ悪い人と関わるのが苦痛な場合は、
異動を希望することもひとつの方法です。

異動を希望する際には、上司に感じ悪い人の言動を具体的に伝え、異動の理由を説明しましょう。

感じ悪い人の言動が、嫌がらせやいじめに該当する場合は、
証拠を残しておくことが大切です。相手の言動をメモしたり、録音したりしておきましょう。

相手の苦手な部分ばかりに注目するのではなく、
相手の長所を探してみるのもよいでしょう。
相手の長所を見つけることで、相手に対する印象が少しずつ改善されるかもしれません。

相手に自分の気持ちを伝えることで、
状況が改善するかもしれません。

ただし、相手を責めるような言い方ではなく、冷静に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

職場に感じ悪い人がいる場合、自分一人で対処するのは難しいこともあります。

上司や信頼できる人に相談したり、異動を希望したりするなど、
自分にとって最適な方法を見つけることが大切です。










シェアする

Translate »