恋愛で見切りをつけた方がいい人





自分にとってプラスにならない人は、見切りをつけた方がよいでしょう。

自分の価値観や考え方と合わない
関係を続けることで精神的に疲弊する
メリットよりもデメリットの方が大きい

このような人は、付き合っていても自分にとって得るものが少なく、
むしろ損をする可能性が高いです。

そのため、見切りをつけることで、
自分の時間やエネルギーをより価値のあることに使うことができます。

自分を変えようとしない人も、見切りをつけた方がよいでしょう。

常に他人のせいにする
自分の失敗を認めない
成長しようとする意欲がない

このような人は、いくら付き合っていても、
自分にとってプラスになることはありません。

むしろ、自分の人生をネガティブに引きずってしまう可能性があります。

見切りをつけることで、自分の人生をより良い方向に進めることができます。

自分にとって毒になる人も、見切りをつけた方がよいでしょう。

常にネガティブな発言をする
依存心が強く、自分の都合ばかりを押し付けてくる
自分を傷つけるような言動をする
悪口ばかり言ってくる
本当は好きでもないのに腐れ縁が続いている人
自分にいやなことを平気でしてくる人

このような人は、付き合っていると、
精神的に病んでしまう可能性があります。

そのため、見切りをつけることで、自分の心身を守ることができます。

自分にとってプラスにならない人や、自分を変えようとしない人、
自分にとって毒になる人と付き合い続けることで、
自分自身が損をしてしまう可能性もあります。

見切りをつけることを検討する際には、冷静に判断することが大切です。

自分にとってプラスになっているか
付き合っていても精神的に疲弊しないか
メリットよりもデメリットの方が大きいか
相手が自分を変えようとしているか
相手が自分にとって毒になっているか

自分にとって本当に見切りをつけるべき相手かどうかを判断しましょう。




Translate »