いい感じだった人からアプローチがなくなると寂しい・・・




好意を寄せているのに、
その人が自分に対して興味を持っていないと感じると
とても悲しい気持ちになるものです。

相手からのアプローチがなくなると寂しいと感じる、ということは
あなたはその人のことが好きなのかもしれません。

好きではなかったら、寂しい、、、とは思わないです。

寂しい気持ちになる原因

相手との関係が進展しないことで、期待や不安が募ることです

相手との関係がなくなってしまうことへの恐れです。

相手との関係が進展しないことで、期待や不安が募るというのは、
とても自然なことです。

好きな人にアプローチをしても、なかなか相手からの反応がなければ、
期待や不安はどんどん大きくなっていくでしょう。

そして、その感情が次第に寂しさに変わっていくのです。

また、相手との関係がなくなってしまうことへの恐れも、
寂しさの原因となります。

好きな人との関係がなくなってしまったら、
もう二度と会えないかもしれない、という不安が、寂しさとして現れるのです。

もし、相手との関係が進展しないことで寂しいと感じているなら、
相手に自分の気持ちを伝えてみるのも一つの方法です。

自分の気持ちを伝えることで、相手もあなたに対する気持ちに気づくかもしれません。

受け身ではなかなか恋愛に発展することが難しくなるので、
自分からも誘う、好意を示すことは大事です。

相手も自分から追いかけてばかりで、連絡も来ないし、好きと思われてないかも・・・・と
諦めたのかもしれません。

いい雰囲気だったのに、アプローチしてこなくなった
話かけてこない、というのは相手の気持ちにも変化が出てきたということです。




Translate »
テキストのコピーはできません。