何回かデートしたけど違うなと思う?




デートを何回かしても、相手と相性が合わなかったり、
恋愛対象として見ることができなかったりすることがあります。

例えば、

一緒にいて楽しくない
価値観が違う
性格が合わない
外見が好みではない
将来のビジョンが違う
結婚に対する考えが違う

などが挙げられます。

また、相手が自分に対して好意を持っていることがわかり、
そのことにプレッシャーを感じて、逆に好きになれなくなってしまうケースもあります。

もし、デートを何回かしても相手と相性が合わなかったり、
恋愛対象として見ることができなかったりした場合は、
無理に付き合い続ける必要はありません。

相手に申し訳ない気持ちもあるかもしれませんが、
お互いに違う相手を探したほうが、幸せになれる可能性が高いでしょう。

相手に直接、自分の気持ちを伝える
デートを辞めて、連絡を控える
相手に他の人を探して欲しいと伝える

相手に直接、自分の気持ちを伝える場合は、
丁寧に言葉を選んで、相手を傷つけないように注意しましょう。

デートを辞めて、連絡を控える場合は、
相手から連絡が来たら、丁寧に断りましょう。

いずれにしても、相手を尊重した上で、
自分の気持ちをきちんと伝えることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。