付き合ってる実感がない遠距離恋愛、気持ちが離れる、自分ばかり会いに行ってる気がする・・・





遠距離恋愛で、付き合っている実感がないと感じるのは、よくあることです。

会えない時間が長い
相手のことを直接知る機会が少ない
顔が見られない
相手がどうしているのか不安になる
別の異性と仲良くしていないか気になってしまう
将来の不安が大きくなる

会えない時間が長いと、相手の存在を身近に感じることができず、付き合っている実感が薄れてしまいます。
将来を約束しているわけでもなく、休日に会いたい時に会えるわけでもないと、
気持ちが冷めてきてしまいますね。

また、相手のことを直接知る機会が少ないため、相手のことがよくわからず、
付き合っている実感が薄れてしまいます。

line通話などオンラインで会う
相手のことを知るための努力をする
いつまでに結婚しようと将来のビジョンを共有する

会う頻度を増やすことで、相手の存在を身近に感じることができます。

また、オンラインで会うことで、会えない時間を少しでも減らすことができます。相手のことを知るための努力をすることで、相手のことをより深く理解することができます。

さらに、将来のビジョンを共有することで、二人の未来に希望を持つことができます。

また、付き合っている実感がないと感じたら、一人で悩まず、相手と話し合うことが大切です。

遠距離恋愛では、会えない時間が長いため、気持ちが離れてしまうことはよくあります。

遠距離恋愛において、自分ばかり会いに行ってるような気がしてきた・・・

相手の住んでいる場所が遠くて、交通費や宿泊費などの負担が大きくなる
新幹線代なども往復となると、かなり高額です。

自分ばかり会いに行くことに、何らかの不満や不安を感じている場合は、相手にきちんと伝えることが大切です。

会いに行くことが面倒に感じたり、負担だなと感じ始めたら、
気持ちも冷めてきている証拠です。
遠距離恋愛が続かない、難しい理由はいろいろありますが、
会いたい時にすぐには会えないことですね。




Translate »
テキストのコピーはできません。