職場の雰囲気を悪くする人の特徴、ギスギスした職場、チームの雰囲気を悪くする人、負のエネルギーが強い人、人を傷つけた人の末路


職場の雰囲気がギスギスしていると、
居心地悪いですよね。

雰囲気が悪すぎる。
チームの雰囲気を悪くする人がいる。

と悩んでいませんか?

みんなが仲良しの職場は滅諦にはないものですが、
それにしても雰囲気が悪いと感じる職場は、
仲間外れやいじめのようなことがあったりしますよね。

近くにネガティブな話題ばかりしてくる人がいたら、
まともな人なら運気が奪われてしまうような気がして離れたくなるでしょう。




人を陥れる人の特徴、職場悪口ばかりで疲れる、悪口聞くのがしんどい

悪口を言う人からは、負のオーラやエネルギーが出ています。

そもそも、人を悪く言うタイプの人は、
言う相手は誰でもいいのです。
目の前の人のことも気分が悪ければ、悪く言います。
悪口を言うことで、一時的には自分が勝ったような優越感に浸ることが気持ち良いのです。
ただ、それは本当に一時的なこと。
もし、相手に自分よりも優れている箇所が見つかれば、
心がむなしくなります。

いい子や真面目な人ほど、言われやすいです。
どうしてそのような子が言われてしまうのか?
悪口を言う側も相手を選んでいたりするんですよね。

言い返してこなさそう、とストレス発散をしたいのが目的です。
意外にも反撃されたら驚くはずです。
あまりにも言われた時には、証拠を取りながら周りの人にも相談したほうが良いですね。

優しい人ほど、会社を突然辞める急にいなくなることがある
いきなり消える傾向にあります。

すごく我慢していて、限界が来てしまった。
もう無理、こんな会社にいるくらいならこの世から消えてしまいたい。
そのくらいまで我慢してしまった結果なんですよね。

陰口ばかりの職場に不信感しかないと感じると、そこにはいたくない気持ちになります。
誰も信じられない職場ってありますよね。
普段は仲良くしてくれていた人に、言われていた場合、
なんだかなんのために働いているのか、頑張ってきたのかもうわからない・・・
人間不信になるものです。

人を陥れる人は、口が上手なので、べらべらと話して相手に反論する暇を与えない傾向があります。
また、周りの人を味方につけるのが上手で、相手の評判を下げるようなことをしています。
みんなが、あの人を嫌っている。評判悪いよなど
言いふらしたりします。
しかし、みんな、と言っても本当に大勢なのかは確信できないことです。

悪口は言ったもん勝ち?悪口を言われる人は幸運なの?聞こえるように悪口を言う人の末路

自分の悪口を聞いてしまった時は、やはりショックですよね。

ただ、正直、悪口ばかり言う人は精神的には弱いものです。人には言うくせに自分が言われると、強く反発したり、感情的になる人が多いのも事実です。

精神的に未熟なんだな、大人の対応が出来ない人なのか・・とあまり深く関わらないようにしたほうが賢明です。

悪口は言ったもん勝ち?
と言われることもありますが、そうでもありません。

悪口や陰口は盛り上がるものです。
しかし、まともな人が多い場所ではどうでしょうか?

悪口ばかり言う人がいたら、嫌だなぁ。あんなこと言ってるけど、あの人もたいしたことないよね・・と必ず陰では言われるのです。

人を悪く言うことは、自分もその他の人、心ある人からみれば、尊敬できる存在でもなければ人格でもないので、必ず悪く言われる時が訪れるのです。

因果応報とはこのこと。

他人を陥れる人の末路

悪口を言うことの一番のデメリットは、
人からの信用を最終的には失うことです。

人間関係は、信頼関係というもので結ばれます。

信頼がなければ、関係を続けようとも思われません。
悪口を言う人に対して、人が思うことは
この人は、こうゆうことで人を悪く言うんだ。

自分もいないところでは、もしかしたら別の知り合いや友人に悪く言われているかもしれないな。
なんだか裏があって、怖い人だな・・・気を付けようと
思われるのです。

やたらと攻撃的な人は実は見下されるのを恐れている
攻撃的なタイプの人は、本当は打たれ弱い人です。

誰かに批判される前に、人を批判して強い自分を演じている。

他人を攻撃ばかりしていると、
結局は自分自身を傷つけてしまうことになります。
最終的には、そうした人からは人が離れていくからです。

攻撃的なタイプの人は、反撃を最も恐れています。
反撃してこなさそうなタイプの人に嫌なことを言うことが多いので、明らかに意地悪ことをされた時には、それなりの対処をしたほうが良いです。

攻撃的な人にブーメランの法則はあるのか?ないのか?因果応報は必ずある?

因果応報はあるのか、ないのか、
よく言われますよね。
この世の中は、すべてのことがタイムラグがあります。
不幸なことが起きた時、人は運がわるかった。

なぜ、自分だけがこんなにもツライ目に遭うのだろう。
他の人は幸せそうに見えるのに、
と思いますが、ブーメランの法則のケースもあります。
人を傷つけた人は因果応報の法則が働きます。

信じてくれている人を裏切るなど、そうした人を苦しめる行動はしないほうが良いです。

日頃の行いは、いつの日か実となり自分に返ってくるものなので、人に対しても誠実でありたいものです。

因果応報は忘れた頃に時間差で返ってくる
情けは人の為ならずとことわざでもありますが、
人に親切にしていると、そのうち良いことが起きます。

それは、その相手から返ってくるというわけでもありません。

直接親切にした人からなにかプレゼントされたり
良いことをされるわけではなくて、他の機会に良いことが起きるのです。

良い出会いがある、仕事で良い話しが舞い込んできたり、困った時に助けてくれる人があらわれる、などですね。

その反対に、人をわざわざ陥れるようなことをしていれば、自分に時間差で返ってきます。

人から裏切られたり、辛い思いをさせられたら本当に悲しいですよね。 故意に傷つけられた時。 相手だけが幸せそうで、自分だけが苦しいなんて許せな...
生きていると、嫌な出来事にも遭遇しますね。 自分とは合わない人もいたり、 知らぬうちに嫌われて、何もしてないのに悪意を向けられたり。...
働いている職場で、 言い方がきついと感じる上司もいますよね。 もう少し優しく言ってくれたらいいのに・・・ なんであんなキツイ言い方をする...








Translate »
テキストのコピーはできません。