嫌われる勇気が欲しい、嫌われても仕方ないと思えば気が楽?嫌われることを恐れないという名言




嫌われても仕方ないというのは、
他人からの評価を気にしすぎないことを意味します。

人は誰でも、他人から好かれたいという気持ちを持っています。

そのため、嫌われないように、自分の言動や行動を制限してしまうことがあります。

しかし、そのような努力をしても、必ずしも嫌われないわけではありません。

嫌われる理由は、人によってさまざまです。

見た目や性格、考え方、行動など、さまざまな要因が考えられます。

クラスなどでも、何もしていないけれど、あの人には嫌われてるなとか思う時もありますよね。

なんとなく話しかけてはこない、とか目を合わせてくれないとか。挨拶もされないとか。

そうゆう人は、自分からも正直好んで話しかけに行きたいとは思いませんよね。

嫌われてる、まではいかなくても、別に興味は持たれていないな。
そんなに仲良くなりたいとは思われていないなぁ・・・という感じです。

学校を卒業すれば、絶対に二度と会うこともないし
関係性として交わることはまずないだろうなと思う人もいます。

雰囲気や話し方、性格や見た目などで、自分とは合わなさそうと相手に思われていたり、

また、あまり知らない人なので何を話せばいいのかわからない。

クラスには多くの人がいるし、別に全員と仲良くする必要はないと考える人もいます。

全員と仲良くしようと思っても、それはおそらく無理です。
自分とは合わない人とはどうしても仲良くはできないし、一緒にいても疲れます。

クラス内でも、10人いれば、2人は自分と気が合いそう、
2人はどう頑張っても嫌われそう、
他は好きでもなく、嫌いでもなく、どちらでもない、というのが
人が集団でいると、そうした割合で気が合う人、合わない人がいます。

職場なども、仲良しクラブの集まりでもないので、いろいろな人がいます。

全員と仲良くできる、ということは難しいですね。

みんなに好かれて、可愛がられて、仲良くて話すのが楽しい職場や学校なら、
天国ですが・・・

そんなところばっかりなら、転職する人もほとんどいないはずです。

また、嫌われるのは、必ずしも悪いことではありません。

自分の価値観や生き方に反するような人と関わることは、自分にとってプラスにならないこともあります。

そのため、他人からの評価を気にしすぎず、自分らしく生きることが大切です。

他人から嫌われることを恐れて、自分の本心を隠したり、
本当の自分を表現できなかったりするのは、人生を生きづらくしてしまうでしょう。

もちろん、他人に迷惑をかけたり、人を傷つけたりすることは許されません。

しかし、そのようなことをしない限り、嫌われることを恐れずに、
自分らしく生きることには大きな意味があります。

自分の言動や行動に自信が持てるようになる
他人の評価に左右されずに、自分らしく生きられるようになる
ストレスや不安が減る
人生をより充実させることができる

嫌われても仕方ないという考え方は、すぐに身につくものではありません。
しかし、意識して実践することで、徐々にその考え方を身につけることができるでしょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。