仲良くなると冷たくなる人ってなぜ?冷たいのは親しい証拠?仲良くなると態度が雑になる人の心理とは





「冷たいのは親しい証拠」という言葉は、親しい相手だからこそ、

気を遣わずに素の自分をさらけ出せる、という意味で使われることがあります。

家族や親しい友人など、付き合いが長い相手に対しても、冷たい態度をとるこ

とがあります。

相手をよく知っているので、わざわざ気を遣わなくていい、

という安心感からかもしれません。

また、相手との関係が安定しているからこそ、素の自分をさらけ出せる、ということもあります。

相手が自分のことを好きだと信じているから、

愛されているとわかっているから。

どんなことを言っても離れていかない人。

自分のことを好きで当たり前の人、自分を必要としてくれている人だと
わかりきっているからこそ、雑な対応になる人もたまにいます。

親しい人ほど、大事にするべき人なので、
常に感謝の気持ちと思いやりを忘れてはいけません。

本当に親しい人、仲良くなった人にこそ、本来なら良い対応をするべきです。

ただ、親しいからこそ、冗談を言い合えたり、
本音で話せたりするので、相手に対しての尊敬の気持ちは忘れてはいけないものですね。

嫌なことをいってしまったかも・・と思った時は、後でフォローする、

定期的にプレゼントを贈ったり、誕生日は必ずおめでとうと連絡をしたり

親しい人だと思っていることをさりげなく伝えることは大事です。

失って、大事なものははじめてわかる、とも言われますが、

本当にいなくなってしまったら、寂しい悲しい辛いと思う人のことは

真剣に大事にしなければなりません。




Translate »
テキストのコピーはできません。