両片思いとは?両片思いあるある





両片思いは、お互いが相手を好きであり、自分だけ片思いであると思っている状態です。

両片思いの状態は、ドキドキしたり、楽しかったり、もどかしかったり、
さまざまな感情が入り混じります。

どちらかが相手を好きだと気づいている場合、2人でいるときは他の誰とも違う特別な空気感があります。 例えば、お互いに目が合う回数が増えたり、会話が弾んだり、自然と笑顔になったりします。

好きな人の前では、つい笑顔になってしまうものです。
相手と話していると、いつも楽しくて、心が弾むような感覚があります。

好きな人のことはつい目で追ってしまうもの。
相手とよく目が合う場合は、相手があなたを目で追っている証拠かもしれません

目が合うのは王道の脈ありサインですが、お互いに相手の好意には気づかないのが両片思いの特徴。

「自分が相手を見すぎているのかも!?」と不安になり、
なかなか関係が進展せずにもどかしい思いをしてしまいます。

好きな人と連絡を取り合うのは、とても楽しいものです。 用事がなくても、つい連絡を取り合ってしまうような関係になっている場合は、両片思いの可能性が高いでしょう。

自然と2人で行動する機会が増えるのも、両片思いあるあるです。 例えば、一緒に食事に行ったり、遊びに行ったり、勉強を教え合ったりといったように、2人で過ごす時間が増えると、お互いの距離が近づき、両思いになる可能性が高まります。

好きな人といると、つい距離が近づいてしまうものです。 例えば、話すときに近づいたり、ボディタッチをしたくなったりといったように、お互いに無意識に距離が近くなることもあります。

両片思いの状態は、お互いに相手の好意に気づいていないために、ギクシャクした雰囲気になることもあります。 例えば、相手と話しているときに、ドキドキして上手く話せなくなったり、逆に冷たい態度を取ってしまったりといったように、普段とは違う行動をしてしまうことがあります。

周囲の人から「仲良いね」「相性良さそう」などと言われることもあります。 周囲の人が気づいているのに、お互いに相手の好意に気づいていないのが、両片思いのもどかしさです。

両片思いは、とてもドキドキして楽しい気持ちになる反面、
もどかしさや不安な気持ちもつきものです。

両思いになるために、まずは相手に自分の好意を伝えてみましょう。
相手からも好意を寄せられている可能性が高い場合は、両思いになれる可能性が高まります。




Translate »
テキストのコピーはできません。